Home健康ニュース「夜中まで携帯画面を見ているとこの病気にかかる可能性がある!」―警告研究! 、 夜間に携帯電話を使用すると、この病気が発生する可能性があります。

「夜中まで携帯画面を見ているとこの病気にかかる可能性がある!」―警告研究! 、 夜間に携帯電話を使用すると、この病気が発生する可能性があります。

「夜の12時まで携帯電話を使って寝ています」 – 10代、20代、30代、40代、50代 現在、あらゆる年齢層のほとんどの人が「深夜に携帯電話を使用すると、2型糖尿病を発症するリスクが高まる」 ある人はこう結論づけた。

携帯 携帯

携帯
ピクサベイ

「携帯電話からの人工光は夜間に人間にどのような影響を与えるのでしょうか?」 オーストラリアのモネシュ大学の研究者らが調査を実施した。 真夜中から午前6時までの携帯電話の使用と人工光への曝露は、2型糖尿病を引き起こす可能性が高いことがわかっています。

9年間続いたこの研究には40~69歳の約8万5000人が参加した。 「夜間に携帯電話を最も多く使用する人のうち 10% は、2 型糖尿病を発症する確率が 67% でした。 研究の終わりに、これらの人々はより多くの睡眠をとり、健康的なライフスタイルを送っているにもかかわらず、2型糖尿病を患っていることが明らかになりました。

「解決策は、夜間の携帯電話の使用を避けることです」と研究の主任研究者は述べた。

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments