Home世界のニュース"アメリカはインドよりも快適な国です!" - 女の子のバイラル投稿とネチズンのコメント!

"アメリカはインドよりも快適な国です!" – 女の子のバイラル投稿とネチズンのコメント!

インドとアメリカでの人生経験をもとに、「どっちが贅沢な生活なのか?」 質問した女性のソーシャルメディアへの投稿がインターネット上で話題になっている。

ニハリカ・カウル・ソディという若い女性は、インターネット上で誰かがコメントした後、腹が立ってエネルギーを失ってしまう、心の健康には必ず気を配るべきだ、と投稿し、「私たちはこれが必要であることを認識しなければなりません」と切り出した人物は語った。

golden gate bridge 1654406 1280
アメリカ

同氏は、インドに住んでいる間、ファストフードの配達、食料品の10分配達、家事の安い労働力が贅沢な生活の基盤だったが、本当の生活の質はきれいな空気や途切れることのない電気などの基本にあると語った。 彼は、水、緑の土地、質の高い道路については後から理解するようになったと語った。

さらに、「きれいな空気、適切な歩行インフラ、野良犬のいない通り、事故を引き起こすあらゆる方向からの交通のない道路があるため、食料品の配達に人は必要ありません。私たちはここにいます。歩いて入って自分で物を買うことができます」と付け加えた。それが本当の贅沢です。「電気がなくても摂氏 45 度の暑さの中で私たちが死なないようにセントラル空調があり、男性はあなたを見つめるのではなく、自分の顔を見つめることができます。」と彼は言います。 。

さらに、「朝の散歩、新鮮な空気、緑の牧草地、日の出、日没、鳥の角は、私のこれまでの生活の質と贅沢の定義を変えてくれました。これを続けるかどうかはわかりません。しかし、これらの考えはあります」いま私のところにきて。” 彼は共有しています。

ネチズンはこの投稿に賛否両論の多くのコメントを寄せており、閲覧数は約70万に達している。

そのうちの1人は、「100パーセント正しい。この意見を表明するには勇気が必要だ。わが国では市民感情が大幅に過小評価されている」と支持した。

別のコメントでは、「私はメルボルンに15年間住んでいますが、一時的にムンバイに引っ越してきました。違いがはっきりと分かります。あなたの言うことは100%正しいです。メルボルンでは食べ物を注文することはめったにありませんが、ムンバイでは大気汚染のせいで食べ物を注文しなければなりません」とコメントしました。毎日。” 渋滞など」

traffic 7272520 1280
インド

これに反対して、「インドの村に行かないと、これほど平和で健康的な環境が得られない。インドの農民はアメリカのメルボルンの農民に劣らない。何だ、インターネットで食べ物を買うことはできない」と言う人もいます。大手IT企業のような給与は得られません。」 「インドではどの都市からも 50 キロ離れた場所に住むことができます。」「どちらの国にもそれぞれ長所と短所があります。一般に、すべてを 1 か所にまとめることはできません。」

人生の質と贅沢は個人のライフスタイルに依存するというさまざまな意見が共有されています。


RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments