Home世界のニュースイスラエル人人質ノア・アルガマニ、ハマス・ガザの残虐行為について語るイスラエル・ハマス戦争ハマスの捕虜から解放されたノアは、自分の人生について次のように語った。「私はいつも両親のことを心配していました。」

イスラエル人人質ノア・アルガマニ、ハマス・ガザの残虐行為について語るイスラエル・ハマス戦争ハマスの捕虜から解放されたノアは、自分の人生について次のように語った。「私はいつも両親のことを心配していました。」

4分前

  • リンクをコピーする
comp 7 1719748320

8か月後にハマスの捕虜から解放された25歳のノア・アルガマニさんは、捕らわれている間はいつも両親のことを心配していたと語った。 ノアは土曜日(6月29日)、自身の試練を語るビデオを公開したとタイムズ・オブ・イスラエル紙が報じた。

ノアさんは「今は帰国したが、ハマスに捕らえられている人々のことがまだ心配だ」と語った。 私たちは彼らを忘れることはできません。彼らを取り戻すために最善を尽くさなければなりません。

ノアさんは、ハマスに拘束されている間、不治の病に苦しんでいる母親のことが心配だったと語った。 彼女は両親の一人娘です。 彼の母親は不治の癌を患っています。 イスラエル軍は6月8日、ハマスの捕虜からノアを解放した。

イスラエル軍は人質救出のための特別作戦を開始した。
6月8日、イスラエルはハマスの捕虜4人を解放した。 イスラエルは、自国軍がガザ地区のヌシラト難民キャンプを砲撃する特別作戦を実施したと主張した。

このイスラエル解放作戦では274人のパレスチナ人が殺害された。 これとは別に、400人以上が負傷した。 しかし、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、116人が死亡したと述べた。 イスラエル国防軍は、この作戦で兵士1人も死亡したと発表した。

アメリカのメディア、アクシオスによると、アメリカの人質部隊がこの作戦でイスラエルを支援したという。 解放された人質の中には、ハマス兵士によってバイクで強制連行されたノア・アルガマニさん(25)も含まれていた。 10月7日のイスラエル攻撃後、ノアの動画は急速に広まった。

癌を患う母親が娘を待っていた
ノア・アラガマニの61歳の母親、レオラ・アラガマニ(リー・ジョンホン)は脳腫瘍と闘っている。 今年初め、彼は世界の指導者たちに対し、ハマスの捕虜から娘を解放するよう呼び掛けた。 彼は亡くなる前に、唯一の願いは娘が無事に戻ってくることだったと語った。

ノア・アグラマーニと母親のレオラ・アグラマーニ。

ノア・アグラマーニと母親のレオラ・アグラマーニ。

10月7日の攻撃ではイスラエル民間人1200人が死亡した。 この期間中、234人のイスラエル人と外国人も人質に取られた。 2023年11月には1週間の停戦があった。 この事件で人質100名が救出された。 その後、停戦に向けて多くの努力が払われましたが、成功しませんでした。 ハマスはイスラエルの軍事作戦で3万6000人のパレスチナ人が殺害されたと主張している。

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments