Home日本のニュースエキスポ爆破会場がメディア向けにオープン

エキスポ爆破会場がメディア向けにオープン

大阪7月03日(日本のニュース) – 大阪・関西万博会場でのメタンガス爆発の現場が火曜日に報道陣に公開され、今年3月にトイレ建設中に可燃性ガスの溶接作業中に爆発が起きたエリアが明らかになった。火花によって点火されました。 地下にメタンガスが蓄積していることが判明した。

142681

博覧会協会は先週、「会場の安全」を強調し、換気システムの設置や会期中のガス濃度測定値の毎日の公表などの対策を発表した。

万博協会の藁田博之整備局長は「この部屋(爆発現場)内の濃度を測定している」とコメントした。 現在のレベルについて尋ねられると、同氏は「メタンについてはゼロだ。問題となる測定値はない」と述べた。

同協会は6月、パビリオン内でメタンガスが見つかった地域でマンホールの蓋からガスを放出する対策を計画した。

「先週、メタンガスが安全基準を超えたと発表されました」とニュースキャスターの中谷氏はさらに、同日、夢洲で猛毒の外来種であるアカヒアリが約550匹発見されたと報じた。メタンガス爆発がメディアに公開されましたが、現場はどうでしたか?」

山本真穂レポーターが「今、大阪市住之江区咲洲庁舎前にいます。午後1時半ごろ夢洲行きのバスに乗り、爆発事故が起きたトイレの建設現場を訪れ、そして、かつて地下メタンガスが発見された近くの大きな現場を訪れ、その後戻ってきました。」

山本さんは現場の状況について「長さ約6メートルの被害箇所がそのまま残っており、工事現場には『火気厳禁』の警告看板が掲げられていた。同協会は本日、メタンガス濃度を測定したと発表した。ガスの臭いは全くなく、建設現場全体の臭いだけでした。」

協会関係者は公開のタイミングについて「メタンガス関連の報道が増える中、現場の現実をメディアに見て感じてもらいたい」としている。

山本氏は、先週発表した安全対策の作業が進行中かどうかの質問に対し、「現段階ではまだ始まっていない」と述べ、発表された対策には換気システムの設置や爆発エリアでのガス濃度の測定などが含まれており、「毎日の公表も含まれている」と述べた。 。」

メタンガスが発見された世界パビリオンも訪れた。 同協会はマンホールに穴を開けたり、週に1回か数日に1回人力で散布したりしてガスを大気中に放出する対策を検討している。

当局者は今日「安全保障」という言葉を繰り返し使ったが、もう一つ繰り返し出てきた言葉は「検討中」だった。 インタビューでは、イベント中の火災やガスへの対応など、多くの細かい点がまだ「検討中」であることが感じられ、就任式までに対策が完全に実施されるかどうか懸念が高まっている。 状況を注意深く見守ることが重要です。

ニュースキャスターの中谷氏は、「今年3月にグリーンワールドのトイレでメタンガスの爆発があった。調査の結果、パビリオンが建設されている他の5つのエリアでも低濃度のメタンガスが検出された。サイトが暴露した」と事件を総括した。 2日にメディアに報告したのはこれらの場所の1つです。」

事故発生時の安全対策としては、ガス濃度の継続測定、毎日の公表、換気設備の設置、ガス検知設備の設置、配管の隙間の密閉などが挙げられます。 しかし、これらの措置はまだ実施されていない。 今日はガスは発見されなかったが、3月の爆発から7月のメディア公表まで4カ月かかった。

コメンテーターの高岡氏は「このような建設現場は珍しいことではなく、国土交通省が建設のガイドラインを定めている。ガスの排出が分かっていればガス抜き管を設置しなければならず、濃度が安全であれば既存の対策は必要だが、不十分であり、爆発を引き起こした。

「博覧会の開催を成功させるには、好意的または批判的なだけではなく、事実を毎日透明性を持って伝えることで熱意を醸成することが不可欠です。多くの来場者が海外から来ることになるため、イベント運営者は誰もが安全上の指示、特に安全上の指示に従うと想定すべきではありません」日本語や英語が読めない人は喫煙などの予期せぬ行動をする可能性も考慮すべきだ。」

ソース: 読売

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments