Home健康ニュースカルシウム欠乏は、「これらの」深刻な病気のリスクを高めます。 こういった症状を早期に認識しましょう

カルシウム欠乏は、「これらの」深刻な病気のリスクを高めます。 こういった症状を早期に認識しましょう

カルシウム欠乏症の症状: 体内のカルシウムが不足すると、健康に影響を及ぼし始めます。 カルシウムが不足すると骨が弱くなります。 それだけでなく、カルシウムが不足すると筋肉や血管も危険にさらされます。 さらに、ホルモンや酵素が適切に放出されるまでには時間がかかります。 したがって、健康を維持するにはカルシウムの量をコントロールすることが重要です。 しかし、体内にカルシウム欠乏があるかどうかはどうやってわかるのでしょうか?

体内のカルシウムが減少すると、体は私たちに信号を出します。 これらの症状を特定できれば十分です。 それでは、今日はこれらの症状が何であるかをお知らせします。

このような症状は体内のカルシウムが不足することで起こります。

疲れ

常に疲れていたり、体の痛みがある場合。 同時に、体にこわばりが感じられる場合は、カルシウム欠乏の症状です。 カルシウム欠乏症は、体の細胞が適切な栄養を摂取できないために起こります。

口腔の健康

体内のカルシウムが不足すると、歯や歯茎の健康状態が悪化します。 これだけではありません。 虫歯、衰弱、知覚過敏はすべてカルシウム欠乏を示す症状です。

筋肉痛

カルシウムは筋肉だけでなく骨も丈夫にします。 筋肉を活動的に、リラックスさせ、柔軟性を保つように働きます。 高カルシウム血症は筋力低下を引き起こします。 これにより、筋肉に痛み、こわばり、けいれんが生じます。

精神的苦痛

体の細胞内でカルシウムが不足すると、脳にストレス、めまい、幻覚などの症状が現れます。 したがって、精神的健康に急速な影響を及ぼします。

指のしびれ

カルシウムが欠乏すると、神経にも影響が現れます。 このため、指のしびれや頻繁なチクチク感もカルシウム欠乏症の症状です。

ハートブレイン

ハードレートの低下もカルシウム欠乏の兆候です。 心臓の健康は深刻な問題です。 したがって、できるだけ早く医師の診察を受けてください。 これらの症状を防ぐためにサプリメントを摂取しましょう。 カルシウムが豊富な食品を食事に取り入れましょう。

カルシウムはどれくらい必要ですか?

体内にどれだけのカルシウムを摂取すべきかは、年齢に応じて重要です。 19~50歳および70歳までの男性は、毎日の食事で1,000mgのカルシウムが必要です。 つまり、51歳以上の女性には1,200mgのカルシウムが必要ということになります。

(免責事項: ここに記載されている情報は家庭療法および一般情報に基づいています。使用する前に医師のアドバイスを受けてください。ZEE 24 TAAS は推奨しません。)


RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments