Home日本のニュースコスト上昇により記録的な速度で閉店を余儀なくされた店舗

コスト上昇により記録的な速度で閉店を余儀なくされた店舗

京都6 月 14 日 (日本のニュース) – 日本では洋菓子店、特にケーキ店の数が着実に増加しています。 6月に発表された調査によると、1月から5月までの倒産件数は18件で、2010年以来最高となった。 この傾向が続けば、2019年に樹立された記録を超えることになる。

142476

6月に発表された調査によると、1月から5月までの倒産件数は18件で、2010年以来最高となった。 この傾向が続けば、2019年に樹立された記録を超えることになる。

これらの失敗の主な理由の 1 つは、原材料コストの大幅な上昇です。 砂糖から卵まで、洋菓子を作るのに必要なほぼすべての材料の価格高騰で、多くの店が対応できなくなっている。

京都府宇治市の人気洋菓子店も13日、季節限定のケーキ約20種類を提供し、多くの人を集めた。 お客さんは「今日は自分用にイチゴのショートケーキと和栗のモンブランを買ったんですが、とても美味しかったです」と興奮を語った。 別の人は、「上司の誕生日ケーキを買いに来ました。ここの品質は本当に感動的です。」と言いました。

パティスリー ユウジのオーナーである長谷川裕二氏は、こうしたコスト増加の影響について指摘する。 「これは私たちの生ケーキの陳列ですが、ここでの価格は昨年より約10〜20パーセント上昇しています。それが私たちが見ている成長です。」

その結果、原材料費の高騰により製品価格も必然的に上昇しています。 長谷川氏は「総コストがかさみ、どうしようもない」と語った。 「私たちは提供する製品の数を制限し、それに応じて価格を調整することに重点を置いています。」

ソース: 読売

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments