Home健康ニュースコレステロール食品: キッチンにあるこれら 3 つの食品は、悪玉コレステロールを減らすのに役立ち、血液中の LDL を濾過するのに役立ちます。

コレステロール食品: キッチンにあるこれら 3 つの食品は、悪玉コレステロールを減らすのに役立ち、血液中の LDL を濾過するのに役立ちます。

コレステロール食品 :間違った食生活は肥満を増加させ、それに伴って悪玉コレステロールも増加します。 私たちの体内には2種類のコレステロールがあり、悪玉コレステロールはLDL、つまり低密度リポタンパク質です。 この悪玉コレステロールは動脈壁に沈着し、心臓発作や脳卒中などの健康上の問題のリスクが大幅に増加します。 このような状況では、心臓の健康を維持するために悪玉コレステロールを制御することが非常に重要です。 栄養士らは、これをコントロールするには、運動とともにいくつかの食品を変更することが間違いなく有益であると述べています。 今日は悪玉コレステロールをコントロールするために何を使うべきかについて学びます。 (これら 3 つのキッチン用品は、血液中の悪玉コレステロール フィルター LDL を減らすのに役立ちます)

これらの家庭療法は悪玉コレステロールを制御します

ニンニクの消費量ニンニクの摂取は、心臓を健康に保つだけでなく、血圧を正常に保つのにも有益です。 したがって、毎日3〜4片のニンニクを食べてください。

ナッツの消費量 :クルミを食べると、血管内に沈着した悪玉コレステロールが徐々に溶けていきます。 また、体内のコレステロールレベルのバランスを保つのにも役立ちます。

オーツ麦の消費量 : オーツ麦を摂取するとコレステロールをコントロールできます。 オーツ麦には、低密度リポタンパク質 (LDL) コレステロールの制御に有益な可溶性繊維も含まれています。 これとは別に、腸内をきれいにするグルカンと呼ばれる成分が含まれています。

コレステロールをチェックしましょう!

これらの家庭療法に加えて、血液検査でコレステロールをチェックする必要があります。 医師の診察後、血液検査を受けることができます。 LDLおよびHDLコレステロール値をチェックします。 体内の脂肪中性脂肪も測定します。 中性脂肪レベルが高いと、心血管疾患のリスクが高まります。 心臓病や糖尿病がある場合、または高コレステロールの家族歴がある場合は、より早くこの検査を受けたほうがよいでしょう。

(免責事項 – 上記の情報は一般的な参考情報です。「Zee 24 時間」はそれを保証するものではありません。治癒を主張するものではありません。症状を感じた場合は医師にご相談ください。)


RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments