Home健康ニュースビタミン欠乏症の症状の説明(診断と治療) ビタミン欠乏症の症状: 口内炎、髪の毛のフケ、足の重さなど、どのような症状がビタミン欠乏症であるかを知ってください。

ビタミン欠乏症の症状の説明(診断と治療) ビタミン欠乏症の症状: 口内炎、髪の毛のフケ、足の重さなど、どのような症状がビタミン欠乏症であるかを知ってください。

18分前

  • リンクをコピーする
comp 1 1720098023

私たちはベッドに横になっているか、あぐらをかいて座っています。 すると突然足がしびれてしまいます。 このように座っていると、手に奇妙なチクチク感が始まることがよくあります。 ある日、あなたは皮膚に奇妙な赤い斑点が現れていることに気づきます。 出勤前に髪をとかしていると、以前よりも抜け毛が増えていることに気づきました。 このすべての背後にある理由を知っていますか?

答えは簡単です。 これらすべては、私たちの体内の必須ビタミンやミネラルの欠乏によって起こります。

ビタミンは有機化合物です。 これらは私たちの体の基本的な機能と健康に不可欠です。 それらは、エネルギー生産、免疫機能、血液凝固、骨および組織の維持において重要な役割を果たします。 ビタミンDを除けば、私たちの体は他のビタミンを自ら生成することができません。 これは、皮膚が日光にさらされた場合にも起こります。 私たちの体には長期間貯蔵できないビタミンがたくさんあります。 したがって、これらのビタミンを食事やサプリメントを通じて摂取することが重要です。 ビタミン欠乏により多くの症状が現れる可能性があり、長期にわたるビタミン欠乏は多くの深刻な病気を引き起こす可能性があります。

今日’ 診断書 今回はビタミン欠乏症の症状についてお話します。 あなたも学びます-

  • どの症状はどのビタミンの欠乏に関係していますか?
  • 髪や肌が乾燥するとはどういう意味ですか?
  • 口内炎の原因となるビタミンはどれですか?
  • なぜ歯ぐきから出血が始まるのでしょうか? これを実現するにはどうすればよいでしょうか?

人々のビタミンとミネラルの持続的な欠乏

世界保健機関 (WHO) によると、世界中で約 2 億人が必須ビタミンとミネラルの欠乏に苦しんでいます。

世界のビタミン欠乏症事情―
• 世界で 2 億人が必須ビタミンとミネラルが不足しています。
• 世界の 5 歳未満の子供の半数は微量栄養素が欠乏しています。
• インドでは 76% の人々がビタミン D 欠乏症です。
出典: 世界保健機関 (WHO)

ビタミン欠乏症の症状は何ですか?

子供の頃、ビタミンAの欠乏が夜盲症を引き起こすということを科学の本で読んだことがあるはずです。 ビタミンCが欠乏すると壊血病を引き起こします。 これらの病気は後から発生しますが、その前に私たちの体は何らかの信号を発します。 身体がどのような信号を発しているのかを知りましょう。

体内の必須ビタミンの欠乏を示す症状はどれですか?
• 髪と爪の弱さ
• 口内炎と口内炎
• 歯ぐきからの出血
• 夜間の視力喪失
• ロシア語
• 抜け毛
• 体の白と赤の発疹
• こわばりや脚のけいれん
出典: クリーブランドクリニック

なぜ爪や髪の毛が弱ってしまうのでしょうか?

髪や爪が弱くなるのにはさまざまな理由が考えられます。 これらの中で最も重要なのは、ビオチン、つまりビタミンB7の欠乏です。

ビタミンB群の一部です。 体が食べ物をエネルギーに変換するのを助けます。 ビオチン欠乏症は通常は起こりませんが、ビオチン欠乏症が起こると、髪や爪が薄くなり、折れ始めます。 国立医学図書館で発表された報告書によると、抗生物質の長期使用がこの症状を引き起こす可能性があります。

生卵白を食べすぎるとビオチン欠乏症を引き起こす可能性があります。 ビオチンの吸収を抑えるアビジンというタンパク質が含まれています。

ビオチンが豊富な食品

  • 牛乳、カード、チーズ
  • クレイジー
  • パルス
  • ガーディアン
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • サツマイモ
  • 酵母
  • バナナ

出典: クリーブランドクリニック

口内炎や口内炎はなぜ起こるのでしょうか?

特定のビタミンやミネラルの摂取が不十分だと、口内炎や口内炎が発生する可能性があります。 これは通常、鉄またはビタミンBの欠乏によって引き起こされます。

国立医学図書館で発表された研究によると、口内炎や傷に長引く問題を抱えている人々。 彼らの約28%はチアミン(ビタミンB1)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン(ビタミンB6)が欠乏していた。 これとは別に、鉄欠乏も大きな原因でした。

これらの食品はビタミンB1、B2、B6の欠乏を解消します。

  • 緑黄色野菜
  • 穀物
  • 肉、魚、卵
  • 牛乳、カード、チーズ
  • ジャガイモ、サツマイモ
  • クレイジー

出典: クリーブランドクリニック

なぜ歯ぐきから出血するのでしょうか?

歯ぐきから出血する原因の1つは、歯ぐきに何かが突き刺さったことである可能性があります。 しかし、食事中のビタミンC不足も原因となる可能性があります。

ビタミンCは、傷の治癒と免疫システムの維持に重要な役割を果たします。 あなたの体は自らビタミンCを生成しません。 したがって、食事に取り入れることが重要です。

長期にわたるビタミンC欠乏症は、歯ぐきの出血や虫歯を引き起こす可能性があります。 免疫力が低下し、筋肉や骨が弱くなる可能性があります。

完了方法

ビタミンCを摂取するには、オレンジ、アムラ、イチゴ、グアバなどの果物を食べる必要があります。

なぜ人間は夜になると目が見えなくなるのでしょうか?

ビタミンAが欠乏すると、視覚関連の問題が発生します。 ビタミンA欠乏症は夜盲症を引き起こす可能性があり、暗い場所や暗い場所で見る能力が損なわれます。

ロドプシンの生成にはビタミンAが必要です。 これは目の網膜にある色素であり、夜間の視覚を助けます。

夜盲症はしばらくすると眼球乾燥症に変わることがあります。 この状態は角膜を損傷し、失明を引き起こす可能性があります。 したがって、ビタミンAの補給が必要です。

ビタミンAを摂取する方法

ビタミンAを摂取するには、黄色からオレンジ色の野菜を食事に取り入れてください。 葉物野菜やニンジンにもビタミンAが豊富に含まれています。 牛乳、カード、チーズなどのすべての乳製品もビタミン A の優れた供給源です。 これとは別に、卵、魚、肉も食べることができます。

なぜフケが再発するのでしょうか?

脂漏性皮膚炎(SB)とフケはどちらも皮膚疾患です。 どちらも皮膚のかゆみと鱗状の症状が特徴です。 フケは主に頭皮に限定されますが、脂漏性皮膚炎は顔、脇の下、鼠径部にも発生することがあります。

クリーブランド クリニックによると、子供の 42%、大人の 50% が、ある年齢でフケまたは脂漏性皮膚炎に苦しんでいます。

完了方法

この状態は、リボフラビン (ビタミン B2) とピリドキシン (ビタミン B6) の欠乏によって引き起こされます。 これらの要件を満たすために、魚、卵、牛乳、カード、チーズ、オーツ麦、ドライフルーツ、緑の野菜を食べることができます。

なぜ髪の毛が抜けるのでしょうか?

脱毛は一般的な症状です。 クリーブランドクリニックによると、成人男性の50%が50歳までに頭髪の半分を失うという。 しかし、この問題は、幼い頃に髪の毛が抜け始めると発生します。

研究によると、鉄分、リノール酸、ナイアシン(ビタミンB3)、ビオチン(ビタミンB7)などが欠乏すると抜け毛が起こるといわれています。

完了方法

これは、豆、緑黄色野菜、ナッツ、種子、亜麻仁、チアシード、全粒穀物を食べることで達成できます。 問題が深刻な場合は、医師に相談することが重要です。

髪に白い斑点や赤い斑点があるのはなぜですか?

毛孔性角化症は、頬、腕、太ももに毛が生える病気です。 鳥肌とも言われます。 毛の周囲に過剰なケラチンが蓄積すると、皮膚に赤や白の斑点が現れ始めます。

国立医学図書館で発表された研究によると、この症状は遺伝的要因によって引き起こされる可能性があります。 これ以外に、ビタミンAやビタミンCの欠乏が原因となることもあります。 したがって、ビタミンAとビタミンCを食事に取り入れることが重要です。

完了方法

そのためには、牛乳、カード、チーズ、卵、魚、葉物野菜、黄オレンジ色の野菜、果物を食事に含めることができます。

不穏下肢症候群

レストレスレッグス症候群 (RLS) は、ウィリス・エクボム病としても知られる神経疾患です。 このため、足に奇妙なチクチク感が感じられます。 これにより、何度も脚を動かしたいという強い欲求が生じます。

国立神経障害・脳卒中研究所によると、この症状の正確な原因は不明です。 しかし、ほとんどの場合、この状態は鉄欠乏によって起こることがわかります。 女性は妊娠中や月経中にこの問題に悩まされることがあります。

完了方法

豆、緑黄色野菜、ナッツ、種子、全粒穀物を豊富に含む食事をとりましょう。 また、ビタミンCが豊富な野菜や果物を食べるとビタミンCの吸収が促進されます。

調理や食事に鋳鉄製の器具を使用し、食事の際にお茶やコーヒーを避けることも鉄の吸収に役立ちます。

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments