Home日本のニュースミャンマーで米価を巡り邦人拘束

ミャンマーで米価を巡り邦人拘束

ヤンゴン7月03日(日本のニュース) – ミャンマーの軍事クーデターから3年が経ちました。 日本人にとって主要な観光地ではないが、300社以上の日系企業がミャンマーに進出している。

142674

ミャンマーで9店舗を運営するイオングループが軍事政権の厳しい措置に巻き込まれている。 ミャンマー国営テレビは、当局が日本人を含む小売業幹部4人を拘束したと報じた。 イオンは、拘束された者の1人がイオンオレンジの商品本部長、笠松洋容疑者(53)であることを認めた。 拘束の理由は、米を規定の相場よりも高い価格で販売したためとされている。

2021年2月、ミャンマー軍は総選挙で選挙不正があったと主張し、クーデターを起こした。 民主化運動の指導者アウン・サン・スー・チー氏は拘束され、軍が完全に掌握した。

民間人は抵抗を示したが、軍はこうした動きを武力で鎮圧した。 軍は全国各地で民主派や少数民族を攻撃し、数百万人が避難している。 現在、300万人以上が国内避難民となっている。

この政治的混乱の中で、ミャンマー国民が直面している最大の問題は物価の上昇です。

タクシー運転手は「ガソリン価格の高騰で客が減った。運賃値上げで客が減り、収入が減った。収入が減ったにもかかわらず、生活必需品の価格が高騰している」と語った。

ヤンゴンのスーパーマーケットで日本人居住者が撮影したこの映像には、卵1パックの価格が以前は130円だったのが240円になっていることが映っている。

ヤンゴン在住の男性(50)は、「昨年に比べて価格が2~3倍になった。急に値上がりしたようだ。米の価格も2倍以上になった。一番おいしいのは北部シャン地方の米だ」と語った。 . 現在は紛争地域から来ています。以前は人気がありましたが、今は入手できません。」

クーデターとその後の弾圧で物価が高騰し、軍事政権はビジネスを非難している。

国家行政委員会は「国家が経済の安定と発展を目指している一方で、一部の企業が米価を引き上げて市場の混乱を引き起こしている」と述べた。

6月25日、ヤンゴンの市場では米産業団体が割引価格を提示したため長蛇の列が見られた。 地元メディアによると、数日前、業界団体のリーダーらが価格規制違反で拘束された。 当局は現在、米が規制された価格で販売されていることを確認するため、警察とともに立入検査を実施している。

軍事政権は、おそらく国民の不満を鎮めるために、価格引き下げのために圧力と拘束を利用しているようだ。 プロモーションビデオも公開している。

ミャンマー情報省は「低所得世帯が手頃な価格で米を購入できるよう、関係者と政府が約2キロの米を3,000チャット(約150円)で販売してくれることに感謝する」と発表した。

米取引業者は一連の拘束について「これでは問題は解決しない。どこも価格が上昇しているので、米の価格も上がるだろう。生産者や人件費には価格調整が必要だ。米市場だけを管理し、管理するのは不公平だ」とコメントした。人を拘束する。」

ソース: アン

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments