Home日本のニュースメイドの職務を巡る争いによる給与不払いを巡る争い

メイドの職務を巡る争いによる給与不払いを巡る争い

東京6月30日(日本のニュース) – 世界的にサブカルチャーの中心地として知られる東京・秋葉原で、メイドカフェとカレー店の間で紛争が起きた。

メイド歓迎で有名な「ツクヨミメイドカフェ」の代表者は26日、「当社は4月から秋葉原のカレー店と協力し、メイドを派遣しているが、派遣料が支払われていない」と明らかにした。

2024年4月、メイドカフェは近隣の秋葉原のカレー店と提携し、メイドの一部をそこに派遣して働いた。

当時の映像には、客が注文したカレーにメイドたちが特殊な魔法をかける様子が映っている。

しかし、メイドの職務をめぐって争いが起こり、協力は解消されることになった。

カフェ側は、そこで働くメイドらの賃金約25万円がまだ支払われていないという。

ツクヨミメイドカフェのこのみさんは「契約とは異なり、外に立って接客することになった。非常に残念。協力の話をいただいたときは、秋葉原を元気にしたいと思っていた」と話した。 」

メイドカフェは、サラダの準備や接客などの業務はメイドに課せられる業務とは異なると主張している。

徒歩わずか 2 分のところにある彼のカレー店でインタビューを受けたとき、彼は別の視点を提供してくれました。

レボリューション×エボリューションの担当者は「飲食店として食に関わる業務に携わってほしかったが、応じてくれなかった」と話す。

カレー店はメイドに調理と道具洗いの手伝いを依頼していた。 しかし、メイドたちはしばしばこれらの仕事を拒否し、契約違反の申し立てにつながったと彼らは主張している。

レボリューション×エボリューションの関係者は「契約違反にもかかわらず、全額の支払いを求められている。現在法的アドバイスを求めており、発送料金も支払う用意があるが、相手方との和解には至っていない」と述べた。 .」「一緒に減額交渉中です。」

秋葉原の名門メイドとカレー店との“不快な亀裂”は解消されるのか?

ソース: ふん

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments