Home日本のニュースラーメントッピング無料で来店率アップ

ラーメントッピング無料で来店率アップ

東京7月06日 【日本のニュース】7月7日投開票の東京都知事選挙で、投票率向上を目的に投票証明書の提示で加盟店の割引やサービスを提供する「選挙割」キャンペーンが議論を呼んでいる。 。 東京都内ではラーメン店やカフェ、美容室など約250店舗が参加。

142737

「選挙割」については世論が二分している。 ある人は「これで投票率が上がるなら素晴らしいことだと思う」と語った。 私はこれまでに投票したことはなく、投票する予定もありませんが、もしこのことを知っていたら、おそらく投票していたと思います。」 別の者は、「人々が適切な検討なしに免除に投票するだけなら、それは目的に反する」とコメントした。

「選挙割」について尋ねると、期日前投票者の反応はさまざまだった。 ある人は「知らなかった」と言いました。 理想的には、投票はそのようなインセンティブなしで行われるべきです。」 「知らなかった」という人もいた。 このようなキャンペーンが行われれば、より多くの人が投票するようになる可能性があります。

約5年にわたりトッピングや卵を無料で提供するラーメン店「選挙割」は、選挙への関心を高めることを目的としている。 パイマイン世田谷本店の渡辺美智子さんは「『ラッキー!投票するとこんなサービスが受けられる』と思って、選挙にもっと関心を持ってもらえれば」と話す。

一部のパン屋では客による「仙境割」の利用が報告されている。 ある顧客は、「その写真は証拠として認められるかどうか尋ねたところ、彼らはそうだと答えた」と語った。 このようなオファーについて知れば、より多くの人が投票するようになるかもしれません。

「選挙割」を主催する選挙免除協会の佐藤正太郎会長は、その重要性を強調した。 「私たちの目的は、非有権者が最初の一歩を踏み出すことを奨励し、通常の有権者に忙しいスケジュールにもかかわらず参加するよう思い出させることです。」

しかし、特定の候補者に対する便宜や票の買収の可能性について懸念が生じている。 佐藤氏は「弁護士や選管とも相談し、公職選挙法を遵守するよう厳格なルールを設けた」と応じた。

選挙を監督する総務省は、「選挙割」には当面の法的問題はなく、投票率を上げるには投票条件の改善が重要だと述べた。

東京都知事選挙の投開票は7月7日に予定されている。

ソース: ふん

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments