Home健康ニュースヴィラト・アヌシュカさんは午後7時に夕食を食べる、早く食べると健康上の利点がある

ヴィラト・アヌシュカさんは午後7時に夕食を食べる、早く食べると健康上の利点がある

早めの夕食の利点: 健康を維持するには、時間通りに食べることが非常に重要です。 医師も夕食は午後7時から8時の間に摂るべきだとよく言います。 この記事では、食事から睡眠までの平均時間と、夕方早めの食事が健康にどのような影響を与えるかについて学びます。

更新日:2024年7月8日(月)午後12時16分

夜何時に食べるべきですか(写真提供 - iStock)


現代の多忙な生活では、夜遅くまで働くことが多くなり、食事のタイミングも狂ってしまいます。 今日、ほとんどの人は午後8時か9時以降にのみ食事をします。 午後10時から11時以降に食べ物を食べている人をよく見かけます。 しかし、夜遅くに食べるのは健康によくありません。

多くの専門家は、午後7時までに夕食を早めに食べることを推奨しています。 ヴィラット・コーリ、アヌシュカ・シャルマ、アクシャイ・クマール、マノージ・ヴァイペイなどの大物セレブは午後7時前に夕食をとります。 遅い時間に食事をする場合は、この記事が最適です。 ここでは早めの夕食のメリットを紹介します。 (写真提供: iStock)

夜何時に食べればいいですか?

夕食は何時に食べますか

夕食は何時に食べますか

睡眠財団によると 夕食と就寝時間の間には2~4時間の間隔をあける必要があります。 体が食べ物を完全に消化できるようになり、睡眠の質が向上します。 つまり、9時に寝たら7時までに夕食を済ませるということです。 食べた食べ物の消化を助けます。

消化の改善を助ける

夜の早い時間に食事をすると、体が食べ物を適切に消化するのに十分な時間を確保できます。 遅くに食べた食べ物を消化するために体はより懸命に働かなければならず、消化不良や酸性度などの問題を引き起こす可能性があります。

減量に役立ちます

午後7時までに食事をすると、夜の食事の量が減り、カロリー摂取量が減り、体重減少に役立ちます。 体重を減らしたい場合は、これが最良の選択肢です。

睡眠を改善する

良い睡眠をとるのに役立ちます

良い睡眠をとるのに役立ちます

夜遅くに食事をすると、睡眠の質が損なわれる可能性があります。 満腹により睡眠が困難になる場合があります。 午後 7 時までに食事をすると、食べ物を消化するのに十分な時間が与えられ、質の高い睡眠が得られ、体内の脂肪の蓄積を防ぎます。

心臓に有益な

夜遅くに食事をすると体内のコレステロール値が増加し、心臓病のリスクが高まります。 同時に、午後 7 時までに食事をすると、体が脂肪を燃焼するのに十分な時間が与えられ、心臓の健康を維持するのに役立ちます。

体の代謝を改善する

消化を改善するには

消化を改善するには

夜早めに食事をすると、体の新陳代謝が健康に保たれます。 夜遅くに食べ物を食べると体の代謝が低下し、体重増加のリスクが高まります。 また、脂肪が体内に蓄積し始め、体が重くなり始めます。

より多くのエネルギー

夕食を早めに食べて、食べ物がきちんと消化されると、朝から元気になります。 しかも、朝起きてからも怠けなくて仕事も早く終わります。






























RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments