Home日本のニュース円は歴史的安値を記録。 干渉の可能性

円は歴史的安値を記録。 干渉の可能性

東京6月30日(日本のニュース) – 28日、円は一時1ドル=161円台まで下落し、約37年半ぶりの安値水準となった。 市場では政府と日本銀行(日銀)による為替介入の可能性への懸念が高まっている。

142642

月曜日の東京外国為替市場では、円は重要な160円レベルで週をスタートした。 日銀は今月の政策決定会合で、必要に応じて介入する意向を示したが、為替市場への影響は限定的だった。

水曜日の変更は、インフレが再び上昇し、円が対ドルで160.80円まで下落するリスクがあるため、連邦準備制度理事会当局者がまだ利下げするのは適切ではないと示唆したことを受けて行われた。 この水準のドル安は、プラザ合意後のドル高是正のため主要国が介入した1986年12月以来だった。

神田大蔵大臣は会見で、現在の急激な変動を認識し、政府は過度な変動に対して必要な措置を講じるとの考えを示した。 それにもかかわらず、円は午前10時前に1ドル=161円20銭まで下落し、歴史的な円安傾向がさらに拡大した。

円相場がわずか2日で160円台を割り込んだことで、市場では政府・日銀が為替市場介入に踏み切るのではないかとの懸念が依然として高まっている。 財務相の警告でも相場は大きく改善せず、午後も円相場は161円近辺での乱高下が続いた。

市場では日米の金利差は近い将来も変わらないとみられており、投資家は他通貨でのより高いリターンを求める傾向にある。 バリタ・リサーチのストラテジスト和夫氏は、適切かつ持続的な措置が講じられない限り、介入だけでは円安を止めることはできないと述べ、介入がなかったことに失望を表明した。

上田日銀総裁は6月18日の政策決定会合で、市場の反応は軽微だったが、7月に政策金利を引き上げる可能性について言及した。 アナリストらは、円安は日本の緩和的な金融政策の継続の結果とみられる可能性があると示唆している。 円が早期に円安水準に戻ったことからもわかるように、これまでの介入の効果は薄れている。

日銀と政府は必要に応じて介入する意向を繰り返し示しているが、市場ではこうした措置では円安を反転させるには不十分とみられている。 160円台への円安は、純粋に経済的動機ではなく政治的動機を反映して、通貨安を容認する日本の姿勢についての議論を引き起こした。

市場は円安を阻止するための日本当局のより強力かつ断固とした行動を待っている。 7月の日銀会合と潜在的な政策調整は、円為替レートの将来を形成する上で重要となるだろう。

ソース: TBS

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments