Home日本のニュース北海道で野良犬が家畜への新たな脅威に

北海道で野良犬が家畜への新たな脅威に

北海道6月24日(日本のニュース) ・クマによる家畜への襲撃が多発している北海道では、野良犬のオオカミのような行動が深刻な問題となっている。 6月19日、山口県周南市で撮影された映像には、既に形成されている群れに向かって猛然と走る野良犬の姿が映っていた。 この地域は約20年前から野良犬の乱繁殖による問題に悩まされている。

142581

4月には福岡県北九州市でも野良犬が目撃された。 この問題は今、全国的に大きな関心事となっています。

先月から北海道別海市で複数の事件が発生している。 近くの4つの農場で6頭の牛が野良犬の群れによって殺された。 先月損失を被ったある農家は、自身の経験を次のように語った。

「先月被害を受けた農家は、『牛の鳴き声が聞こえて異変に気づいた。作業員が牛舎に入ると犬が逃げ出した。現場を確認したところ、牛が負傷していたことが判明した』と話した。 。」

この町で野良犬が襲撃される事件のちょうど1週間前、子牛がクマに襲われた。 今、農家はクマと野良犬の両方に注意する必要があります。

「以前はクマの問題しか直面していませんでしたが、野良犬に対処しなければならないのは今回が初めてです」と農家は語った。

6月16日、当初は野良犬を脅威とは考えていなかったにもかかわらず、酪農家メジマの農場で野良犬の群れが牛4頭を殺害した。

目島さんは「クマが襲わないことを願っていたが、現場を調査したところ、明らかにクマのものではない犬の足跡や噛み跡が見つかった。間違いなく野良犬のものだった」と語った。

目撃者によると、野良犬は中型犬ほどの大きさだったという。 牛が数倍も大きな犬に襲われるという前代未聞の事態に農家は衝撃を受けている。

間島さんは「最初に聞いたとき、野良犬がこれほどの被害をもたらすとは信じられなかった。野良犬がオオカミになったようだ」と語った。

動物研究家のパンク町田氏は「襲撃の目的はおそらく狩猟だろう。犬がある程度の大きさであれば、その強さはオオカミに匹敵する。牛への襲撃が繰り返されていることから、これは野良犬の一種であることが示唆される。群れ。”

町田さんは「犬たちは狩猟が楽しいと感じたり、牛肉がおいしいと感じたりしたのかもしれない。それが犬たちにとって利益になるので続けている。今後、常習的またはエスカレートする攻撃を防ぐために状況を管理することが重要だ」と述べた。

ソース: アン

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments