Home日本のニュース大日本帝国のイギリス到着

大日本帝国のイギリス到着

ロンドン6月24日(日本のニュース) – 日本の天皇皇后両陛下が友好関係強化を目的とした公式訪問で英国に到着された。 国王の英国公式訪問は1998年以来26年ぶりとなる。

142573

女王陛下の英国ご到着

沿道に並ぶ100人以上の人々を前に、天皇陛下と女王は22日、英国のチャールズ国王から派遣された高級車ベントレーでロンドン中心部のホテルに到着した。 この訪問は国際親善の促進を目的としており、君主の英国訪問は23年ぶりとなる。

スイス人観光客は「日本の皇室を見るのはとても興味深い」とコメントした。

陛下は日本から約14時間半のフライトを経て、ロンドン近郊の空港に到着された。 皇帝は水色のネクタイ、女王は全身水色のドレスを着用し、統一感のある装いとなった。

「思い出の場所」公式フレンドシップツアー

英国王室の殿下にとって、若い頃の特別な思い出は宝物です。 この旅は彼らそれぞれにとって特別な意味を持っています。

君主は「英国は学生時代の思い出の地であり、今回の訪問を楽しみにしている」と述べた。

天皇陛下は学習院大学を卒業後、オックスフォード大学に留学された。 時期は異なるが、女王は外務省在職中にオックスフォードにも留学した。

その後、女王は皇帝と結婚しました。 23年前に天皇陛下が英国を訪問された際、彼女は妊娠のため同行できなかった。 当時、エリザベス女王は国王を皇太子として招待した。

エリザベス女王は日本の王室から贈られた象牙の羽根を見て「とても貴重だ」と語った。

両国関係を強化するため、天皇陛下はチャールズ国王(当時)とともに日本の伝統舞踊「阿波踊り」に参加した。

天皇陛下は2001年に「今回は一人で来るが、次回は一緒に来られることを願っている」と述べていた。

女王は愛子さまを育てながら、翌年の天皇陛下のオセアニア公式訪問に同行し、海外旅行の喜びを表明された。

女王は2002年12月、「ニュージーランドとオーストラリアを訪問することができて本当に感謝している」と述べた。

天皇陛下は「今後も共同での海外訪問が増えてほしい」と語った。

今、国賓として、陛下は思い出の詰まった英国にお越しになりました。 夫妻は25日から27日までバッキンガム宮殿で行われるレセプションや晩餐会など、さまざまな公式行事に出席する予定だ。

6泊8日の滞在中、最終日の28日はオックスフォード大学を訪問し市内を散策する。

天皇陛下は「雅子さまも英国からの招待に感謝している」と述べた。 オックスフォード大学での2年間を思い出し、日英間の長年にわたる友好関係がさらに深まることを期待し、今回の訪問を楽しみにしています。」

関連:国王と女王がオックスフォードに帰還:学問的ルーツへ戻る旅

ソース: アン

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments