Home日本のニュース大阪は鯨の処分費用をめぐって法的異議申し立てに直面している

大阪は鯨の処分費用をめぐって法的異議申し立てに直面している

大阪7月03日 【日本のニュース】大阪湾に迷い込んで死んだクジラの処分に高額な費用がかかったとして、市民団体が大阪市長を相手取り、職員や請負業者に損害賠償を求める訴訟を起こした。 大阪市は訴訟を争う意向を示した。

142679

「よどちゃん」の愛称で知られるマッコウクジラは昨年1月、淀川河口付近で死んでいるのが発見された。 その後、市が雇った海洋請負業者がキーチャンネル沖で沈没させた。 市は当初、処理費用総額を2068万円と見積もっていたが、実際の費用は8019万円と4倍近くに膨らんだ。

市民団体は市が請負会社の選択肢を考慮しておらず、契約は違法で無効だと主張している。 横山秀幸市長を相手取り、選定に関与した職員や業者らに8000万円超の損害賠償を求めて提訴した。

7月2日に大阪地裁で始まった公判で、市民団体は入札プロセスの欠如や情報公開で公開された文書を大幅に編集したことを強調し、公判中の徹底した捜査に期待を表明した。

一方、市は請求の棄却を求めており、今後の法廷でその理由を説明する予定だ。

ソース: 読売

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments