Home日本のニュース大雨で日田市の主要橋が倒壊の危機

大雨で日田市の主要橋が倒壊の危機

大分7月03日(日本のニュース) – 大分県日田市の橋は崩落の危険性が高く、全面通行止めとなっている。

142677

橋の柱は折れ、道路も大きく崩れているのが見られる。 今にも橋が崩れ落ちそうな光景は驚くべきものです。

近くにいた従業員は「ガタンという大きな音が聞こえた。大きな交通事故でもあったのかと思って外を見てみたが、そうではなかった。よく見ると橋が崩落していた」と話した。

場所は日田市で、現在濁流が流れている花月川に三郎丸橋が架かっています。

地元住民は「大型トラックが止まっていたので事故かと思った。よく見ると橋が傾いていた。最初はトラックか何かが落ちたのかと思ったが、実は橋だった」と話した。それが崩れた。」

別の住民は「家の前で渋滞があったので、何かがおかしいと思った。夫が近づいてきて『橋が落ちた』と言うので、急いで見に行った。気のせいだった。思ったより悪かったです。」

別の地元住民は、「見に行ったら、橋の前に男が立っていた。雷のような音が聞こえたので、橋を渡ろうとしたところ、橋が崩れたので、彼らは言った」と語った。停止。”

警察は2日午後2時ごろ、橋の崩落の危険があるとして交通規制を行った。 日田市では24時間で250ミリを超える雨が降りました。

近くの住民は「(川の水が)ここまで来ている。昨日はここまで来て、寸前まで来ていた。市の大事な動脈なので困っている。誰もが心配している」と話した。

ある住民は「川は増水していましたか?」と尋ねた。 「はい、立て続けに発生しました。昨日の朝は本当にひどかったです。怖かったです。一日に何回も橋を渡ります。日中は大型トラックも通るので、人が川を渡らないことはありません」 「そんなことしてないよ」と彼は答えた。

大分県によると、橋は約60年前から使用されているという。

県担当者は「1964~65年ごろの記録が残っている。適切な補強をして使用している」と話す。

川の増水で橋が傾いたのだろうか?

九州大学工学部教授の矢野真一郎氏は「川の流れが増えると水の速さも増し、川底や橋脚に沿って土砂が移動して傾く現象です。大規模な洪水ではよくあることですが、フェリーがすぐに流される可能性は低く、おそらくフェリーの撤去と交換が必要になるでしょう。」

ソース: アン

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments