Home 日本のニュース 奈良で新たに1,000枚以上の木の板が発見される

奈良で新たに1,000枚以上の木の板が発見される

0
奈良で新たに1,000枚以上の木の板が発見される

ナラヤナン3月20日(日本のニュース)平城京の古都・奈良で「鮎」「墨」などと書かれた約千枚の「木簡」が新たに発見された。を示す)がマークされています。 )と元号。

神亀元年は聖武天皇が即位した西暦724年に相当します。 これらの木簡は、当時行われた大嘗祭に関連した品物と考えられている。

奈良文化財研究所の馬場基所長は「大嘗祭は日本の伝統を凝縮した秘儀であり、現代まで受け継がれている。奈良時代に大嘗祭があったことも反映している」と語る。そのため、その時代についての洞察を提供する重要な資料が存在する可能性があります。」

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here