Home日本のニュース富士山登山シーズンの始まり: 観光客への安全に関するヒント

富士山登山シーズンの始まり: 観光客への安全に関するヒント

山梨6月30日(日本のニュース) – 富士山は登山シーズンに向けて開門し、観光客が麓に集まっています。

142636

仁科健吾アナウンサー「観光バスが続々と到着し、観光客が押し寄せています」

横浜からの観光客「外国人観光客が多くて、とても賑やかですね。」

店主:「たくさんの人が集まると思うので、楽しみでもあり、少し不安でもありますね。」

富士山への登山ルートの開通準備が進む中、山頂付近ではガイドが除雪する姿が見られる。

雪かきガイド「ここの雪は3メートルほどあります。」

しかし、今年は注目すべき変化があった。

アナウンサー: 「第 5 ステーションには開閉式のゲートが設置されました。その横に『いじめをやめてください』と書かれた標識があります。」

最大の変更は、新しい登山ルールに関連しています。 これは昨年の映像で、登山者の長い列が映っていますが、その多くは危険を無視して一気に頂上に到達しようとしていました。 オーバーツーリズムと弾丸登山者の増加を考慮して、今年新たな規則が施行される。 新たに入場料2000円を導入し、1日当たりの登山者数を4000人に制限する。 午後4時から翌日午前3時まではゲートが閉鎖される。

門外の防犯指導センターでは準備が進められており、セッションの成功が期待されています。

富士吉田市富士山担当の羽田正敏さんは「昨年は登山者の2割以上が準備不足だった。閉門時間帯に約3万人が通過した。今年は閉門時間帯の登山者数が減ると期待している」と語った。

新しい規則はすでにステーション 8 にある山小屋に影響を及ぼしています。

太子館山荘 井上義景さん:「今年は昨年よりも早く予約が埋まりました。」

予約をすれば、ゲート閉鎖や入場制限があっても登山者は入場できます。 このため、小屋はすでにほぼ満室です。 登山シーズンの開幕が待ち遠しい中、今週調査のため富士山に登った富士五湖事務所の斉藤昭光さんは警戒の必要性を強調した。

富士五湖事務所の斉藤昭光さん:「26日現在、山にはまだ雪が残っています。いつ落石が発生してもおかしくなく、梅雨時の大雨で危険性はさらに高まります」

山頂付近で発見された遺体は、今月初めに登山中に行方不明になった男性のものと特定された。

ソース: アン

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments