Home日本のニュース小池が少し前、蓮舫が近く、石丸が後ろ、田母神らが後ろ。

小池が少し前、蓮舫が近く、石丸が後ろ、田母神らが後ろ。

東京6月30日(日本のニュース) – 7月7日に投開票される東京都知事選挙のJNNの選挙戦中盤分析によると、現職の小池百合子氏がわずかにリードしている一方、元参院議員の蓮舫氏が大幅にリードしている。

142641

JNNは昨日から今日にかけて、選挙運動の最中の状況を分析するため、インタビューを含む電話アンケートを実施した。 その結果、小池百合子氏は自民党支持層の6割近く、公明党支持層の7割以上を確保し、若干リードしている。

蓮舫元参院議員が立憲民主党と共産党の支持層の多数を固めて優勢を見せている。 続いて石丸伸二・元広島県安芸高田市長が続く。

元航空自衛隊幕僚長の田母神俊雄氏が懸命に奮闘している。 このほか、52名の候補者が東京都知事選に立候補登録を行っている。

しかし、最近の調査では回答者の約15%がまだ候補者を決めておらず、状況はまだ変わる可能性があることを示している。

ソース: TBS

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments