Home健康ニュース持続的な酸味を取り除くためにこれらの家庭療法を実行すると、すぐに症状が緩和されます - マラーティー語ニュース

持続的な酸味を取り除くためにこれらの家庭療法を実行すると、すぐに症状が緩和されます – マラーティー語ニュース

間違ったライフスタイルにより、多くの人が胃酸過多、膨満感、ガス、消化不良などの問題を抱えています。 外部食品の過剰摂取により酸性症になる可能性があります。 酸性度が高くなると、頭痛、腹痛、消化不良、絶え間ないげっぷなどの多くの問題が発生し始めます。

更新日:2024年7月11日木曜日 07:30 PM

胃酸過多を和らげる家庭療法

ライフスタイルを変えることの影響は、私たちの健康にすぐに現れます。 何も食べない、外食を続ける、睡眠不足などで健康は完全に悪化します。 間違ったライフスタイルにより、多くの人が胃酸過多、膨満感、ガス、消化不良などの問題を抱えています。 外部食品の過剰摂取により酸性症になる可能性があります。 酸性度が高くなると、頭痛、腹痛、消化不良、絶え間ないげっぷなどの多くの問題が発生し始めます。 したがって、家庭療法は酸性度の増加を和らげるのに効果的であることがわかります。

私たちは朝起きてから夜に作ったものを昼食に食べることが多いです。 このため、酸味が増す可能性があります。 急いで食べると、胃内にガスが発生し、酸性度が高まります。 胃酸過多は深刻な病気です。 酸性度はさまざまな種類の病気を引き起こす可能性があります。 したがって、新鮮で消化の良い食べ物を食べる必要があります。 今日は、酸味をコントロールするためにどの家庭用食品を摂取すべきかについて詳しく説明します。 確認してみましょう。(写真提供:istock)

胃酸過多を和らげる家庭療法

胃酸過多を和らげる家庭療法

クミンウォーター:

酸性の場合はクミンウォーターを飲みましょう。 クミンウォーターを作るには、小さじ半分のクミンをコップ1杯のお湯に混ぜます。 クミンを水に1時間浸した後、この水を飲みます。 これは、消化不良の改善に役立ちます。 これとは別に、クミンを投げずに水に入れて噛むと、お腹のガスも軽減されます。 これにより、むくみの問題も発生しません。

胃酸過多を和らげる家庭療法

胃酸過多を和らげる家庭療法

ディルウォーター:

胃の灼熱感や消化不良の場合は、フェンネルウォーターを飲んでください。 フェンネルウォーターを準備するには、小さじ半分のフェンネルを熱湯に混ぜます。 30分後にこの水を飲みます。 これにより消化が促進され、体が冷えます。 フェンネルウォーターはお腹のむくみを軽減する効果があります。

胃酸過多を和らげる家庭療法

胃酸過多を和らげる家庭療法

ミントウォーター:

ミントは市場で簡単に入手できます。 なので、簡単な方法でミントウォーターを作ることができます。 ミントウォーターはガスと酸性度の問題を軽減します。 ミント水を作るには、ミントを洗って細かく粉砕する必要があります。 それを水に混ぜ、レモン半分の果汁を加えます。 この水を飲んでも酸性度の問題は発生しません。

胃酸過多を和らげる家庭療法

胃酸過多を和らげる家庭療法

冷たい牛乳:

酸味、灼熱感、消化不良の場合は、冷たい牛乳を飲んでください。 これにより体に涼しさを与えます。 ホットミルクを冷やします。 それから飲みます。 牛乳に含まれる有益な成分は、酸味を和らげるのに効果的です。

注 – この記事は一般的な情報のみを目的として書かれており、いかなる治療法も主張するものではありません。 治療法を服用する前に医師に相談し、医師のアドバイスに従ってのみ使用してください。































RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments