Home日本のニュース日向大社と古代神話

日向大社と古代神話

京都6 月 27 日 (日本のニュース) – 京都市山科区に位置する日向大社は、山全体をご神体とし、自然と調和していることで有名です。 伊勢神宮と比較されることも多く、京都が都になる以前から「京都の伊勢神宮」として地元の人々に大切にされてきました。

142612

日向大社は、伊勢神宮と意外なつながりを持つ、日本独自のパワー神社の一つと考えられています。

京都最古の神社のひとつであるとともに、近年パワースポットとしても有名になっています。 神話や地元の歴史との強いつながりで知られるこの地域の秘密を解明することを目指しています。

山科山脈の中に佇む日向大社の歴史は、京都が都になる前に遡ります。 伊勢神宮の代わりとして参拝客が多く訪れ、「京都の伊勢神宮」として親しまれています。 山全体が神聖視されており、これほど強力な霊的エネルギーを秘めている日本で唯一のパワースポットとされており、伊勢神宮と深い関わりがあります。

調査隊は天神降臨神話ゆかりの日向大社を探索中。

到着すると「日向神社」と刻まれた石を発見。 中に入るにはかなりの距離を歩かなければなりませんが、それがこの巡礼地の魅力を高めています。 神社へ続く道は、1923年に琵琶疏水に架けられた大新宮橋まで続き、さまざまな美しい景色を眺めることができます。 日本遺産に指定されている疏水は、明治時代にびわ湖と京都を結ぶために建設されました。

山を登るにつれて自然の密度が増し、静かな環境が生まれます。 寺院に近づくと、山全体の神聖さを象徴する鳥居が見えます。 鳥居は神性への入り口として機能し、山自体が神であることを示します。

寺院群は上本堂と下本堂から構成されています。 下殿の建築は伊勢神宮の建築に似ており、西暦 485 年頃の古代の神明造りが反映されています。 このスタイルの特徴は、そのシンプルさと自然との調和です。

経済的または時間的制約のために伊勢神宮に行くことができない参拝者は、同様の恩恵を受けるために日向大神宮を訪れることがよくあります。 主祭神は天から降臨した天照大神の孫です。 寺院の建物は、日本三古寺建築様式の一つである神明造りを踏襲しています。

日向大社には日本の寺院では珍しい女性の神様の像が特徴です。 寺院の周囲は自然が豊かで、神秘的な雰囲気が漂います。

最後に、太陽の女神アマテラスの神話に関連する神聖な洞窟、天の岩戸を訪れます。 この洞窟は、そこを通過する人々に幸運と災難からの保護をもたらすと言われています。 旅は、大神宮の方向と一致する壮大な鳥居を見下ろす丘の頂上で終了し、2 つの聖地を象徴的に結びます。

日向大社は、日本神話との深いつながりや豊かな自然環境により、ユニークなスピリチュアル体験を提供します。 訪問者が神や自然界とのつながりを感じることができる愛される場所です。

ソース: 読売

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments