Home 日本のニュース 日本が致死性SFTSの人への感染を初めて報告

日本が致死性SFTSの人への感染を初めて報告

0
日本が致死性SFTSの人への感染を初めて報告

東京3 月 20 日 (日本のニュース) – ダニ媒介感染症 SFTS (重症熱性血小板減少症候群) の人から人への感染が日本で初めて確認されました。

国立感染症研究所によると、SFTSの感染者は20代の男性医師。

この医師は昨年4月にSFTSと診断された90代の男性患者を治療していた。

その後、医師は発熱や下痢などの症状を発症し、血液検査でSFTSへの感染が確認された。

90代の患者が死亡した。

SFTS はマダニによって広がる感染症で、死亡率は最大 30% です。 現在、有効なワクチンはありません。

海外では人から人への感染例が報告されているが、国内では初めて。

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here