Home日本のニュース日本の国家学力試験は2027年にデジタル化される

日本の国家学力試験は2027年にデジタル化される

東京7月09日 (日本のニュース) – 日本の文部科学省は、毎年すべての小学6年生と中学3年生を対象に実施する全国学力テストを完全オンライン形式に移行することを決定した。 2027年から転換する計画を発表している。 従来の紙ベースのテストはコンピューターベースのテストに置き換えられます。

142758

2007年に始まった全国学力テストは、全国の小中学生約200万人が対象。 これまでこの試験は紙ベースで行われてきました。 しかし、文科省は来年度の中学校理科試験から段階的に分散型端末を導入することを決めた。

本日の有識者会議で示された政策素案では、中学校英語のオンラインテストを2026年に導入し、2027年から全教科で完全実施することを示しています。 インターネット接続などの配慮から、試験は全国一斉に実施せず、複数日に分けて実施する。

文科省はオンライン形式の利点として、試験問題の配布や回収の必要性をなくすことや試験問題でビデオや音声などの異なるツールを使用することで学校の負担を軽減することなどを挙げている。

この方針に関する正式な決定は今秋に予定されている。

ソース: TBS

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments