Home日本のニュース日本初「ホテル向けミシュラン」導入

日本初「ホテル向けミシュラン」導入

東京7 月 5 日 (日本のニュース) – レストランガイドで有名なミシュランは、日本初のホテル評価システムを発表しました。 レストランガイドの三ツ星に相当する最高の栄誉「スリー・ミシュラン・キー」は宿泊施設6施設に贈られた。

ミシュランの新しい評価システムは、日本全国のホテルや旅館を評価します。 今年は、最高レベルの卓越性を表す待望の「3つのミシュランキー」が6つの施設に授与されました。

「ミシュランの3つのキー」を獲得したホテルの1つがパレスホテル東京です。 私たちはその豪華なパレススイートを訪問してチェックする機会がありました。 皇居の比類のない景色を望むスイートには、広々としたベッドルーム、ドレッシングルーム、ワールドクラスのアメニティが備わっています。 このスイートは国際的な高官によってよく選ばれます。

この豪華なスイートの宿泊費用はさまざまですが、通常は 1 泊あたり 200 万円から 300 万円の範囲にあり、多くの人にとって特別な体験となっています。

ミシュランによる「3 つのミシュランの鍵」の導入は、日本の最高級の宿泊施設が提供する卓越したサービスと体験を評価し、称賛することを目的としています。

ソース: TBS

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments