Home日本のニュース東京大学の抗議活動で警備員が負傷

東京大学の抗議活動で警備員が負傷

東京6 月 27 日 (日本のニュース) – 6 月 21 日に東京大学で行われた授業料値上げに対する抗議活動で警察が介入せざるを得なくなり、大学が自主性を無視していると学生らから批判が起こった。

142611

抗議活動は、東京大学の藤井総長が授業料値上げ案についてオンラインで説明会を開いた直後、安田講堂前で起きた。 学生らは自分たちの意見が意思決定プロセスに反映されなかったことに不満を表明し、教育の機会が限られていることへの懸念を表明し、一部が抗議活動に集まった。

大学関係者が警備員と学生の衝突を警察に通報したことで状況はさらに悪化した。 このため、数人の警察官が敷地内に到着した。

同大学は6月22日、安田講堂に学生らが侵入し、学生らを制止しようとした警備員が負傷したと発表した。 しかし、一部の学生は警察の立ち会いを目撃したことを否定し、大学の対応に疑問を呈した。

教養学部の学生自治会は、1969年の「東京大学確認文書」を引用し、警察を介入させた大学の決定を非難した。 この協定は学生運動の期間を経て制定されたもので、キャンパス内での紛争を解決するために警察力を使うことを禁止している。

ソース: アン

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments