Home日本のニュース焼山に噴火警報 登山者の安全上の注意事項

焼山に噴火警報 登山者の安全上の注意事項

長野07月09日 (日本のニュース) ・岐阜、長野の県境にある焼山で火山活動が活発化したため、気象庁は登山者に注意を呼び掛け、ヘルメットの着用など安全対策を講じるよう呼び掛けた。

同庁は8日の記者会見で焼山を活火山と認める重要性を強調し、登山者にヘルメットの着用など安全対策を徹底するよう呼び掛けた。 焼山では5月下旬から、山頂付近で徐々に強まる火山性地震が高頻度で発生しています。

現在、焼山の噴火警戒レベルは「レベル1」で登山が可能です。 しかし同庁は、活動が活発化すれば警戒レベルを「レベル2」に引き上げ、火口付近への立ち入りを制限する可能性があると警告した。 登山者は常に最新の情報を入手することをお勧めします。

活発な活動にもかかわらず、当局は、噴火の可能性は「水蒸気噴火」であると予想され、上高地などの観光地への影響はないと述べた。

ソース: デイリーテレニュース

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments