Home日本のニュース熱波による養殖場へのサメの襲撃

熱波による養殖場へのサメの襲撃

鹿児島7月04日 (日本のニュース) – 熱波は陸地に影響を与えるだけでなく、海にも予期せぬ変化をもたらしました。 東京では7月3日に34.8度を記録し、今年一番の暑さとなった。 極度の暑さは、養殖場へのサメの襲撃など、海でも異常な事故を引き起こしている。

142697

カンパチ養殖の一大中心地である鹿児島県において、サメが重大な脅威となっている。 養殖魚が出荷されようとしたその時、体長約3メートルの巨大サメが網を突き破り、大きな被害をもたらした。 人が扱うには大きすぎるサメが破壊の犯人であることが判明した。 2匹のサメがなんとか網を破り、カンパチをすべて逃がすことができました。 被害額は約1000万円と試算されている。

このサメは、鹿児島湾の漁港近くで最初に発見された。 地元漁師は「サメは海岸でよく見かけるが、出荷前の魚にこれほど大きな被害を与えたことは初めて」と驚きを表明した。 幸いなことに、人的被害は報告されていません。

捜査チームは現場近くでフカヒレを観察し、密猟者の存在を確認した。 特にこの規模でこれほど海岸に近いサメの存在は前例のないことであり、地元社会に衝撃を与えた。

専門家らは、最近の海水温の上昇により、サメが岸に近づいている可能性があると示唆している。 確認された種、おそらくブロンズクジラは、暖海に生息することが知られており、通常、奄美、沖縄、九州周辺の地域を含む熱帯および亜熱帯地域で見られます。

海水温の上昇はカンパチにも直接的な影響を及ぼしており、寄生虫がカンパチの体に張り付き、触手に擦れて傷を負う可能性がある。 これにより、養殖業者が直面する課題はさらに増大しています。

絶滅危惧種であるため保護種であるにもかかわらず、これらの大型サメの存在は地元の漁業に大きな脅威となっています。 こうした事件が漁業従事者の士気を低下させるため、漁師らは将来を心配している。

ソース: アン

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments