Home 日本のニュース 生徒が窒息死、学校が給食メニューを再考

生徒が窒息死、学校が給食メニューを再考

0
生徒が窒息死、学校が給食メニューを再考

東京, 4月02日(日本のニュース) – 1か月前、1年生の男児が給食中にウズラの卵を食べて窒息死するという痛ましい事件が発生した。 それ以来、学校のメニューからウズラの卵を削除する動きが広まりました。 しかし、これは正しい決断でしょうか?

ゆでたり、ポーチしたり、揚げたりできるウズラの卵は、古くからさまざまな料理の人気の食材であり、子供から大人まで同様に愛されています。 しかし今、彼らは予期せぬ危機に直面している。

事件の発端は2月、福岡県の小学校1年生男児が給食中に窒息死したことだった。 味噌おでんに使われたウズラの卵が死亡の原因とみられる。 事件を受け、市教育委員会は学校給食でのウズラ卵の提供を一時中止することを決定した。

問題はここで終わりではありませんでした。

林官房長官:「今回の事件を踏まえ、全国の都道府県や教育委員会に対し、学校給食における窒息事故の防止と再発防止に向けた指導の徹底を要請する」と述べた。

さらなる事件を防ぐ取り組みを受けて、メニューからウズラの卵を「除外」する学校が増えている。 これは「プロデューサー」に大きな影響を与えました。

浜松ファームの近藤哲司社長「私たちは何も悪いことをしていないので、無力感を感じる状況です」

浜松養殖場はウズラ卵の反動で出荷量が減少している。

近藤「全体的には出荷量に10%ほどの影響が出ています。うずらの卵が学校給食で長年使われているのには理由があります。栄養価が高く、経済的で、安全に扱えるのです。」

ネット上でも様々な意見が飛び交っています。

Xさんより:「子どもによく噛むことを教えることも食育ではないでしょうか?」

「もしかしたら、単に短縮するか、低学年向けに移動させるべきかもしれない。」

「まったく食べさせないのは公平ではないと思います。」

しかし、一部の専門家は、ウズラの卵は小学1年生にはタブーだと主張しています。 なぜ彼らを一年生に食べさせてはいけないのでしょうか? 彼を追放する動きは正しい決断だろうか?

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here