Home健康ニュース腎臓がんの原因は何ですか? 症状とそれに伴うリスクに関する情報

腎臓がんの原因は何ですか? 症状とそれに伴うリスクに関する情報

腎臓がんの日: 腎臓がんの日は 6 月 20 日に祝われます。 この病気についての認識は依然として必要です。 専門家はこの点についてさらに詳しい情報を提供し、その危険性について語った。

更新日:2024年6月20日木曜日 午後1時32分

腎臓がんの日 (写真提供 – iStock)


腎細胞がんとしても知られる腎臓がんは、腎臓で発生するがんの一種です。 早期診断と効果的な治療のためには、その原因、症状、リスクを理解することが重要です。

これを防ぐために、医療専門家はこの点に関する情報を提供しています。 Kunjal Patel 博士、ニューバーグゲノミ​​クスセンターの分子腫瘍病理学者 彼はこの点に関して貴重なアドバイスも与えてくれました。

腎臓がんの原因

腎臓がんの原因 (写真提供 – iStock)

腎臓がんの原因 (写真提供 – iStock)

腎臓がんの正確な原因は完全には理解されていませんが、いくつかの危険因子が特定されています。 遺伝子変異は重要な役割を果たしており、フォン・ヒッペル・リンダウなどの疾患によりリスクが増加します。 環境への曝露やライフスタイルも重要な要素です。 喫煙は主要な危険因子であり、腎臓がんの可能性を倍増させます。 過剰な体重はホルモン変化を引き起こし、がんの発生を促進する可能性があるため、肥満も重要な危険因子です。

リスクは何ですか?

高血圧は腎臓の機能と構造に影響を与えるため、高血圧は腎臓がんを引き起こす可能性があります。 さらに、腎機能に影響を与える長期の透析治療は腎腫瘍の発生リスクを高める可能性があり、その中には癌性の可能性もある。 アスベストやカドミウムなどの石油産業の化学物質への曝露も腎臓がんを引き起こす可能性があります。

腎臓がんの症状

腎臓がんは初期段階では症状がないことが多いため、検査なしで発見するのは困難です。 しかし、がんが進行するとさまざまな症状が現れます。 最も一般的な症状の 1 つは血尿 (血尿) です。 症状は断続的に発生し、顕微鏡検査でのみ認識される場合もあります。

  • 肋骨のすぐ下の背中や腰に続く痛みは、腎臓がんの症状である可能性があります。 この痛みは軽度の場合もあれば重度の場合もあり、安静時にも感じることがあります。
  • 腹部のしこりや腫瘍も考えられる症状です。
  • さらに、原因不明の体重減少、疲労、発熱、全身の気分が悪くなるなども腎臓がんの症状です。

これらの症状は非特異的であり、他の疾患によって引き起こされる可能性があります。症状が持続する場合は医学的診断が必要です。

リスク/脅威

腎臓がんのリスク (写真提供 – iStock)

腎臓がんのリスク (写真提供 – iStock)

腎臓がんは、肺、骨、肝臓、脳などの体の他の部分に転移または広がる可能性があります。 転移のリスクは、原発腫瘍のサイズとがんの段階に応じて増加します。 転移を予防し、より良い治療結果を達成するには、早期診断が重要です。

迅速な診断が必要です

腎臓がんの原因、症状、リスクを知ることは、早期診断と効果的な治療のために不可欠です。 遺伝的要因、ライフスタイルの選択、および環境への曝露が腎臓がんの発症に寄与します。 血尿、持続する背中の痛み、原因不明の体重減少などの症状に気づいた場合は、医師の診断を促す場合があります。 リスクが高い人にとって定期的なスクリーニングとモニタリングは不可欠であり、より適切な診断と早期治療が可能になります。






























RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments