Home健康ニュース雨の日の入浴は健康効果がありますが、雨の日の入浴前には注意が必要です。

雨の日の入浴は健康効果がありますが、雨の日の入浴前には注意が必要です。

モンスーンが嫌いな人はほとんどいませんが、子供から大人まで誰もが雨に濡れるのが好きです。 モンスーンの日には、どこでも温かいお茶と玉ねぎの葉が楽しめます。 現代では誰もが雨に濡れる誘惑から逃れることはできません。

更新日:2024 年 6 月 29 日土曜日 04:43 午後

雨に濡れることのメリット


モンスーンが国中に到来しました。 州にモンスーンが到来すると、至る所に幸福と熱狂の雰囲気が漂います。 ムンバイの人々は、ますます続く暑さから解放されました。 モンスーンが嫌いな人はほとんどいませんが、子供から大人まで誰もが雨に濡れるのが好きです。 モンスーンの日には、どこでも温かいお茶と玉ねぎのカレーが楽しめます。 現代では誰もが雨に濡れる誘惑から逃れることはできません。 入浴や雨に濡れることは、肌や健康に多くのメリットをもたらします。 今回は雨に濡れることの健康効果についてお話します。(写真提供: iStock)

雨に濡れることのメリット:

髪は健康なままです:

子どもから大人まで、誰もが雨に濡れるのが好きです。 雨に濡れた後の髪を自然にきれいにするのに役立ちます。 また、雨に濡れた後は少量のシャンプーで髪を洗います。 髪を清潔にするには、髪のタイプに応じてシャンプーまたはニームを含むシャンプーを選択してください。

ビタミンB12:

雨が降っているときは、10〜15分間雨に浸ることでビタミンB12が摂取されます。 雨に濡れた後は、清潔な石鹸を使って入浴すると体がきれいになります。

発疹は消えます:

夏になると背中や腕に発疹が現れます。 この発疹を取り除くために、私たちはさまざまな種類の粉を塗ります。 しかし、これでは体の発疹は消えません。 したがって、体の発疹を取り除くには、雨水に浸してください。 皮膚温度のバランスが整い、発疹が消えます。

ハッピーホルモン:

雨を浴びると幸せホルモンが分泌されます。 これはストレスを軽減するのに役立ちます。

雨水を浴びる前には次のような注意をしましょう。

  • 体調を崩す恐れがありますので、長時間雨水に濡れることは避けてください。
  • 梅雨時は強風が吹くことも多いので、雨に濡れないよう注意しましょう。
  • 10~15分ほど濡れたら、家に帰ってきれいな水でお風呂に入ります。
  • 雨水に長時間浸かると、伝染病などの病気を引き起こす可能性があります。 これらの病気は健康に危険を及ぼす可能性があります。
  • 医師によれば、最初の雨には濡れてはいけないそうです。 この雨には細菌がいっぱいです。

注 – この記事は一般的な情報のみを目的として書かれており、いかなる治療法も主張するものではありません。 治療法を服用する前に医師に相談し、医師のアドバイスに従ってのみ使用してください。






























RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments