Home健康ニュース静脈内に蓄積された黄色脂肪コレステロールを少し減らしてくれる、一年中手に入るこの果物を食べましょう!

静脈内に蓄積された黄色脂肪コレステロールを少し減らしてくれる、一年中手に入るこの果物を食べましょう!

コレステロールを自然に減らす方法: 体内の悪玉コレステロールのレベルが増加すると、心臓発作や脳卒中などの危険に直面しなければなりません。 静脈からコレステロールを自然に除去する方法を学びましょう。

更新日:月, 08 7月 2024 04:18 午後

コレステロールを減らす果物 (写真提供 – iStock)


血液中のLDLコレステロールが重要です。 しかし、100mg/dLを超えると、静脈閉塞を発症するリスクが高まります。 これは心臓発作や脳卒中を引き起こす可能性があります。

LDLコレステロールが上昇しているかどうかを確認するにはどうすればよいですか? 体内に汚れた脂肪が増加すると、さまざまな症状が現れ始めます。 多くの人はこれを期待していません。 しかし、これらには主に、吐き気、ろれつが回らないこと、倦怠感、手足のしびれ、胸痛、倦怠感、まぶたへの黄色脂肪の蓄積などが含まれます。 しかし、果物があなたをこの状況から救ってくれます。 多くの研究で証明されているように、この果物を毎日の朝食の一部にすることは間違いなく有益です。 その前にコレステロールの原因を知ってください (写真提供: iStock)

なぜコレステロールが増えるのでしょうか?

コレステロールが高いため

コレステロールが高いため

体内の LDL コレステロールの増加にはさまざまな理由が考えられますが、食事が重要な役割を果たします。 間違った食生活によりコレステロールがプラークに変化する場所。 同時に、健康的な食べ物を食べることでそれを取り除くことができます。

コレステロールを下げる果物

毎日リンゴを食べるとコレステロールをコントロールするのに役立ちます。 リンゴは栄養豊富な果物です。 ビタミンCが10パーセント含まれているほか、銅、ビタミンK、ビタミンEも含まれています。 毎日リンゴを食べることで、コレステロールだけでなく他の多くの病気も避けることができます。

1日2個のリンゴを食べる

リンゴはコレステロールを減らす

リンゴはコレステロールを減らす

American Journal of Clinical Nutritionに掲載された2020年の研究によるとイギリスとイタリアの研究者らが行った研究では、1日2個のリンゴを食べるとコレステロール値が大幅に低下することが示された。 したがって、コレステロールを増やしたくない場合は、リンゴを食べてください。

致命的な病気から守られます

ペクチンがコレステロールを下げるだけでなく、リンゴに含まれるポリフェノールが血圧を下げ、脳卒中のリスクを軽減するため、1日1個のリンゴは心臓の健康に良い習慣です。 リンゴには強力な抗酸化物質が含まれており、アルツハイマー病のリスクも軽減します。































RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments