Home日本のニュース顔や背中に爪痕が残った男性の死体が発見される

顔や背中に爪痕が残った男性の死体が発見される

長野6月22日(日本のニュース) – 中部日本の警察は、森林で顔と背中に爪痕のある50歳の男性の死体が発見されたことを受け、クマに襲われた可能性があると捜査している。

142553

男性は6月20日、仕事で長野県信濃町の野尻湖周辺に行くと職場に届けたまま行方不明になった。 彼の体には大きな爪痕が見つかり、野生動物、おそらくクマに襲われたことを示している。

警察は正確な死因を特定するために徹底した捜査を進めており、実際にクマが襲撃に関与したのかどうかも調べている。

ソース: アン

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments