Home日本のニュース26万円は高すぎませんか? 部外者が作った高級酒市場

26万円は高すぎませんか? 部外者が作った高級酒市場

東京07月01日 (日本のニュース) – 日本のワインの世界では、価格が数万円から数十万円の高級ブランドが台頭している。 この傾向を牽引しているのは、IT の経験を持つ個人が経営するスタートアップ企業です。 これらの外部企業は、生産施設を持たないファブレス製造アプローチを利用して高級ワイン市場に挑戦している。

142660

東京の渋谷マークシティにある約2,000種類のお酒を扱う店が現在、「Sake Hundred」というブランドを注目している。 ラインナップは「光」が4万円前後、スパークリングワイン「白虎」が3万円程度。 これらの高価な製品はオンラインで入手できることはほとんどないため、店舗での実際の存在は、お土産として購入する観光客を含む顧客から非常に人気があります。

Sec Hundred の背後にあるスタートアップだが、生産施設を所有していない。 生駒社長は日本酒の製造を全国の提携蔵元に委託していると説明する。 クリアリーの役割は、蔵元が造る日本酒のコンセプトや味わいをデザインすることです。

熊本では、クリアの製造責任者の川瀬氏が定期的に提携醸造所を訪問し、味の向上を図っている。 醸造会社と緊密に連携することで、より優れたワインを造ることを目標としています。 川瀬氏は、自社のプロセスには製品の実現可能性と品質を確保するための継続的な協議が含まれていることを強調します。

Clear の創業者である小正氏は、IT 業界で働き、2014 年に日本酒に特化したメディアを立ち上げた後、日本酒業界に参入しました。 2018年にブランド「セックハンドレッド」を立ち上げた。 小正氏は日本酒に対する情熱と業界の経済的課題への不満から、このギャップを埋めるブランドを立ち上げ、製品の魅力と醸造所の収益性の両方を確実に向上させました。

Clear は酒類業界全体を促進するために、1 つの醸造会社を所有するのではなく、さまざまな醸造会社と協力しています。 複数の醸造会社が共同して利益をもたらすブランドを構築することで、多額の収益を生み出し、持続可能な成長を確保することを目指しています。

クリアは詳細な売上高を公表していないが、5年以内に売上高100億円を目指すとしている。 1973年のピーク以来、国内ワイン消費量は減少しているにもかかわらず、クリアリー氏は日本食の世界的人気によって輸出市場が成長すると楽観視している。

コマッサは、今日の市場では高価値のワインを作ることが不可欠であると信じています。 同氏は、消費者が以前の4倍の量のアルコールを飲むと期待するのは非現実的だと主張する。 代わりに、消費者がより高い価格でも喜んで購入するワインを作成し、それによって製品の価値を高めることに重点を置く必要があります。

Clear の戦略には、若い世代の間で自社ブランドへの憧れを醸成することが含まれています。 目標は、自社の日本酒を高級ファッションブランドと同様に、人々が購入したくなる高級品として位置づけることだ。

価格は高いにもかかわらず、Clear の製品はワイン愛好家と初心者の両方にアピールします。 継続的に商品を改良し、ラインナップを拡充することで、消費者の嗜好やライフスタイルの多様性に応えるよう努めています。

ソース: テレ東BIZ

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments