Home 日本のニュース 「主の枕症候群」は脳卒中のリスク増加と関連している

「主の枕症候群」は脳卒中のリスク増加と関連している

0
「主の枕症候群」は脳卒中のリスク増加と関連している

東京, 2月20日(日本のニュース) – 最近の研究で、高すぎる枕で寝ると脳卒中のリスクが高まる可能性があることが示されました。 専門家は、身長が高くなるほどリスクが高まるため、12センチを超える枕の使用には注意が必要だと警告している。

国立循環器病研究センターは、「殿様枕」として知られる江戸時代に使用されていた高さのある枕にちなんで「殿様枕症候群」と呼ばれる新しい病気の概念を導入しました。 これらの枕は、古墳時代の低い石の枕とは異なり、髪型を保存するために著しく高いものでした。

国立循環器病研究センターの田中智明医師は、高い枕を使用すると、椎骨動脈の解離によって引き起こされる一種の脳卒中のリスクが高まる可能性があると説明しています。 このリスクは首がねじれたり曲がったりすることで起こり、寝返りを打ったときに血管が損傷して破裂する可能性があります。

研究チームは53人の患者を検査したところ、そのうち18人が12センチメートルより高い枕を使用し、9人が15センチメートルより高い枕を使用していることが判明した。 田中博士は、統計的に枕の高さが高くなるにつれてリスクが高まると主張しています。

江戸時代には「人生は三寸(9センチ)、安楽は四寸(12センチ)」という言葉があり、長寿には9センチ、快適には12センチという枕があったそうです。は。

現代では、映画を見たり漫画を読んだりするために枕を重ねることが習慣となり、高い枕を使用することにつながるため、寝る前の姿勢に気を配ることも重要です。

田中先生は、理想的な枕の高さとして、直立したような姿勢で眠ることができる枕を選ぶことを提案しています。

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here