Home 日本のニュース 「春疲れ」への懸念が高まる

「春疲れ」への懸念が高まる

0
「春疲れ」への懸念が高まる

東京, 3月28日(日本のニュース) – 現在、「春疲れ」に悩む人が急増しています。 考えなくても影響を受けることがあります。

春バテの原因と対処法について、伊藤王子神谷内科・外科クリニック院長の伊藤弘道先生に教えていただきました。

「春疲れ」患者増加…今年ならではの理由

まず、春疲労とは一体何でしょうか?

伊藤先生:「春の疲れとは、特別な病気がないのに、異常な疲れや体調不良を感じることを指します。」

あなたのクリニックでは春疲労の患者が増えていますか?

伊藤医師:「ここ数日で患者さんの半数以上が春バテの症状を訴えています。私の観察によると、その数は通常の約2倍です。」

なぜ今年は春バテに悩む人が増えているのでしょうか?

伊藤先生:「今年は桜の開花が遅く、思いのほか寒い日が続きました。その後、暑くなったり、強風で急激に気温が下がったり。私たちの体はその変化に適応しているようです」適応するのに苦労しています。」

「春バテ」チェックリスト チェックすべき6つのポイント

伊藤医師は、春の疲れを感じているかどうかを判断するための簡単なチェックリストの作成を監修しました。 これらには、頭痛、首や肩のこり、眠気、体の痛み、不規則な睡眠パターン、胃腸の問題などの症状が含まれます。

2 つ以上の項目にチェックが入った場合は、バネ疲労の可能性がありますか?

伊藤医師:「はい、春の疲れは自律神経の乱れが原因であることが多いです。他の病気がなく、基準が 2 つ以上当てはまる場合は、自律神経の乱れによる春の疲れを考えてください。それは正しいことです。」

何を食べましょうか? 春バテ対策の鍵は「朝食」にあるかもしれない

伊藤医師は春バテ対策として、朝食を食べることと軽い運動をすることを提案している。

伊藤博士: 「私は食事、特に朝食の重要性に注目しています。朝食は交感神経系を活性化し、血流と体温を改善し、栄養素と酸素を体中に届けます。」 運動、特に早歩きはこのプロセスを助けます。温度変動に対する回復力を高めるのに役立ちます。」

朝食に関しては、ビタミン、繊維質、即時エネルギー変換を含むバナナが推奨されており、忙しい人でも恩恵を受けることができます。

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here