Home 世界のニュース 「注意深く監視している」 – CAAの実施に関する米国のコメント | 米国はインドでのCAAの実施を懸念しており、注意深く監視していると述べた

「注意深く監視している」 – CAAの実施に関する米国のコメント | 米国はインドでのCAAの実施を懸念しており、注意深く監視していると述べた

0
「注意深く監視している」 – CAAの実施に関する米国のコメント | 米国はインドでのCAAの実施を懸念しており、注意深く監視していると述べた

ニューデリー: 中央政府は、市民権修正法(CAA)が全国で発効したと発表した。 この件に関して、アメリカはインドが施行した市民権修正法(CAA)を注意深く監視していると述べた。

2019年に議会を通過した市民権修正法(CAA)が3月11日に施行された。 これによると、パキスタン、バングラデシュ、アフガニスタンで宗教的迫害を受け、2014年12月31日までにインドに避難したヒンズー教、シーク教、ジャイナ教、仏教、パールシー、キリスト教徒コミュニティの少数民族に市民権が与えられる。

しかし野党は、なぜCAAにイスラム教徒の居場所がないのか疑問を提起している。 この問題について、アミット・シャー内務大臣は通信社のインタビューに応じ、ヒンズー教徒、シーク教徒、仏教徒、ジャイナ教徒、パールシー教徒に市民権を与えるために作られたCAA法にイスラム教徒の余地がないのはなぜかと語った。そしてクリスチャンです。

この件について、米国務省のマシュー・ミラー報道官は「インドは3月11日の市民権(改正)法の通告の詳細を発表した」と述べた。 これは私たちにとって心配なことです。 私たちはこの法律がどのように施行されるかを注意深く監視しています。 宗教の自由を尊重し、法の下ですべてのコミュニティを平等に扱うことは、民主主義の基本原則です」と彼は述べた。

なぜイスラム教徒はCAAに居場所がないのでしょうか? – アミット・シャー 説明: 連合内務大臣アミット・シャーは通信社のインタビューで、ヒンズー教徒、シーク教徒、仏教徒、ジャイナ教徒、パールシー教徒、キリスト教徒に市民権を与えるために制定されたCAA法にイスラム教徒の余地がない理由を次のように述べた。

この決定は、我が国の司法制度と憲法に従って、宗教的に迫害され、排斥されている人々に避難所を提供するために行われました。 これは、インドとアフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブ、ネパール、ミャンマー、パキスタン、スリランカ、チベットを含む「大インド」という私たちのビジョンの一部です。

インド・パキスタン分割時にパキスタンへの移住を余儀なくされたヒンズー教徒は当時、同国の人口の23%を占めていた。 現在、その数字は 3.7% まで低下しています。 みんなどこに行ったの? そういう人たちはここには来ません。 その後、彼は強制的に改宗させられました。 屈辱を受け、二級国民のように扱われた。 人々はどこへ行くのでしょうか? 私たちの議会と政党はこれについて決定を下すべきではないでしょうか?

それ以外の場合、インド憲法はシーア派、バローチ派、アフマディヤ派のイスラム教徒にも市民権を申請することを認めています。 政府は国家安全保障など他の要素を念頭に置きながら、彼らに市民権を付与するかどうかを決定する予定だ。 アミット・シャーはこう言いました。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here