Home 日本のニュース すき家が値上げ、パイオニアは深夜割増料金を課す

すき家が値上げ、パイオニアは深夜割増料金を課す

0
すき家が値上げ、パイオニアは深夜割増料金を課す

東京4 月 4 日 (日本のニュース) – すき家の牛丼が 4 月 3 日から値上げされ、大手牛丼チェーンとしては初となる深夜料金が設定されます。

深夜に食事をする人たちは、「早朝にすき家でスムーズに美味しい食事ができるのに勝るものはない」と言います。

30円の値上げにより、最初の2年間は400円で安定していた牛丼並盛りの価格は430円となる。

時間外に牛丼を食べるとさらにお金がかかります。 昼の料金430円を夜は460円に値上げし、全国チェーンの深夜料金に初の試みとなる。

牛丼400円で“最後の夜”を過ごしたお客さまからは、「値上がりしてる?まあ、そんなもんだろう」「賃金上昇を考えると、値上げは妥当な気がする。これが私たちのやり方だ」との声が聞かれた。従業員への感謝の気持ちを表します。」

全国の最低賃金はこの10年で約250円上昇し、2023年には1004円と1000円の大台を突破した。 さらに、法律は深夜労働の時給を 25% 引き上げることを義務付けています。

ある記者は「すき家新宿南店の深夜時給は驚異の1688円」と報じた。

専門家らは、現在の経済情勢においてチェーン店が深夜営業を維持するには価格調整が必要だと考えている。

『月刊食堂』編集長の月山茂之氏は「賃金が上がらなければ、企業は人材争奪戦に負けるリスクがある。人件費は軒並み上昇するのは確実。消費者はどちらの企業にどう反応するか」と柴田書店は解説する。彼らは、価格の上昇が顧客を遠ざけ、顧客を追いかけるか、止めてしまうだろうと考えている。スキアの動きはテストケースになる可能性がある。」

ソース: TBS

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here