Home 世界のニュース アメリカの中国人留学生問題、渡航勧告発令。 中国・米国関係中国はアメリカへの旅行に対する渡航勧告を出した:「我が国国民はアメリカでは注意すべきであり、安全に対する脅威がある可能性がある」

アメリカの中国人留学生問題、渡航勧告発令。 中国・米国関係中国はアメリカへの旅行に対する渡航勧告を出した:「我が国国民はアメリカでは注意すべきであり、安全に対する脅威がある可能性がある」

0
アメリカの中国人留学生問題、渡航勧告発令。 中国・米国関係中国はアメリカへの旅行に対する渡航勧告を出した:「我が国国民はアメリカでは注意すべきであり、安全に対する脅威がある可能性がある」

北京11分前

  • リンクをコピーする

中国は米国に渡航する自国民に渡航勧告を発令した。 米国在住の中国人は安全に特別な注意を払うべきだとしている。 そこでは未知の危険や状況に直面するかもしれません。 彼らは尋問されることもあります。

中国の勧告は、最近多くの中国人が米国の都市で精査や尋問に直面している時期に行われた。 中国も米国に対して抗議の意を表明していた。

中国は何と言いましたか?

  • 中国外務省は、「我が国国民の多くが米国で理由もなく尋問された」と述べた。 彼は精神的に拷問を受けていた。 特にアメリカの空港では差別を受けています。 彼らの携帯電話、ラップトップ、その他の機器は綿密に検査されています。 多くの場合、それらの部品を分離して検査しました。
  • 外務省はさらに、「我々と在アメリカ大使館は、この点に関してアメリカ当局に抗議を行った」と述べた。 したがって、この渡航勧告は、米国に居住または米国を訪問している中国人に対し、安全に特別な注意を払うよう求めるために発行されました。 何か問題があれば、大使館または領事館にご連絡ください。
中国国民に対する米国の行動の問題は、昨年のバイデン氏と習氏の会談でも取り上げられた。  (ファイル)

中国国民に対する米国の行動の問題は、昨年のバイデン氏と習氏の会談でも取り上げられた。 (ファイル)

国民8人の例

  • 中国外務省は、本校の学生8人が2023年11月から3月まで停学処分を受けたと発表した。 彼は必要な書類をすべて持っていたにもかかわらず、尋問された。 理由もなく帰国させられた学生もいた。
  • 今年1月、中国科学日報は報道の中で、「私たちの学生の1人がアメリカで博士号を取得していた」と報じた。 彼は理由もなくダラス空港から中国に強制送還された。 彼はまだアメリカに戻っていません。 この学生は拘留され、8時間にわたって尋問された。 これとは別に、彼は12時間隔離された。
この写真は中国の王暁紅公安大臣とアレハンドロ・マヨルカス米国土安全保障長官である。

この写真は中国の王暁紅公安大臣とアレハンドロ・マヨルカス米国土安全保障長官である。

話しても無駄だ

  • 中国は先月、米国で中国人学生が嫌がらせを受けていると主張していた。 これに関連し、オーストリアの首都ウィーンでも両国当局者間で協議が行われた。
  • 当時、中国の王暁紅公安大臣は、アレハンドロ・マヨルカス米国土安全保障長官に対し、文書の内容に関係なく、中国人学生は米国の空港で厳しい尋問を受けていると語った。 多くの場合、彼らは中国に送り返されます。 理由もなく厳しくするのは正しくありません。 米国は学生への嫌がらせをやめ、中国国民と学生が差別なく尊厳をもって入学できるようにしなければならない。
  • 実際、アメリカの新聞ウォール・ストリート・ジャーナルの最近の報道は、中国人が近年アメリカで観光客をスパイしていると主張した。 2023年2月、アメリカは中国の偵察気球を撃墜した。 報道によると、中国国民は米国から情報を収集し、それを中国に送っているという。
  • アメリカは中国から医薬品を輸入しています。 中国から輸出される医薬品には大量のフェンタニルが含まれています。 米国はここ数日、中国がフェンタニル含有薬物を通じて米国での麻薬取引を促進していると非難してきた。 米国では、フェンタニル薬物の使用により毎年7万人以上が死亡しています。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here