Home 世界のニュース インドとイスラエルのパレスチナ戦争。 パレスチナ人は祖国を奪われている S ジャイシャンカール | ジャイシャンカール氏は、「パレスチナ人から家、土地、権利が奪われている。中国との紛争について、国境警備は私の義務であり、私はそこから手を引くつもりはない」と述べた。

インドとイスラエルのパレスチナ戦争。 パレスチナ人は祖国を奪われている S ジャイシャンカール | ジャイシャンカール氏は、「パレスチナ人から家、土地、権利が奪われている。中国との紛争について、国境警備は私の義務であり、私はそこから手を引くつもりはない」と述べた。

0
インドとイスラエルのパレスチナ戦争。 パレスチナ人は祖国を奪われている S ジャイシャンカール | ジャイシャンカール氏は、「パレスチナ人から家、土地、権利が奪われている。中国との紛争について、国境警備は私の義務であり、私はそこから手を引くつもりはない」と述べた。

クアラルンプール5分前

  • リンクをコピーする

マレーシア歴訪中のS・ジャイシャンカール外務大臣は、イスラエル・ハマス戦争に関して声明を発表した。 「イスラエル・ハマス戦争の最大の現実は、パレスチナ人が家、土地、権利を剥奪されたことだ」と同氏は述べた。

クアラルンプールのインド人コミュニティーに対し、ジャイシャンカール外務大臣は「紛争全体の真実か虚偽が何であれ、人道法に従うことが重要だ。」これに加えて、ジャイシャンカール外相は10月7日のイスラエルに対するハマスの攻撃について次のように述べた。テロ行為であり、攻撃として非難した。

イスラエル・ハマス戦争についてジャイシャンカル氏は、紛争全体の真偽に関係なく、人道法に従うことが重要だと述べた。

イスラエル・ハマス戦争についてジャイシャンカル氏は、紛争全体の真偽に関係なく、人道法に従うことが重要だと述べた。

ジャイシャンカール氏は、中国との関係は中国軍が撤退した場合にのみ正常になると述べた。

これとは別に、外務大臣はインドと中国の関係についても言及した。 ジャイシャンカール氏は、「中国軍が撤退し、古い場所に配備された場合にのみ両国関係を正常化できる。我々は中国に明確に伝えた。私の義務はまず同胞のために国境を確保することであり、私は決してそうするつもりはない」と述べた。後退しないでください。」 その下です。」

外相はまた、インドは現在多くの問題について中国と協議していると述べた。 両国の当局者は時々会合を続けている。 一方、両国はLACに軍隊を派遣しないことに同意した。

外相発言-中国は2020年に協定を破り、国境で流血事件を引き起こした

ジャイシャンカール氏は、「1980年代の国境紛争中、両国は国境に軍隊を展開しないことで合意していた。 また、いかなる状況においても暴力や流血は行われません。 しかし中国がそれを破った。 この協定は2020年に署名され、国境では流血事件が起きた。

これとは別に、ジャイシャンカールはロシア・ウクライナ戦争でもインドを支援した。 同氏は「戦争が始まって以来、われわれの立場は明確だ。戦場ではいかなる問題も解決できない。誰も勝者はいない。インドは常に戦争終結に賛成してきた」と語った。

ネタニヤフ首相との会談中、NSAアジット・ドヴァル氏はイスラエルとの戦争におけるインド側について説明した。

ネタニヤフ首相との会談中、NSAアジット・ドヴァル氏はイスラエルとの戦争におけるインド側について説明した。

NSAのドバル氏がネタニヤフ首相と会談

数日前、インドの国家安全保障担当補佐官(NSA)アジット・ドバル氏はイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と会談した。 この間、ネタニヤフ首相はドヴァルに戦争について知らせていた。 これとは別に、人質の解放とガザへの救援物資の配送についても議論された。

これとは別に、ネタニヤフ首相はモディ首相に数回電話し、戦争関連の最新情報を伝えている。 インドは常にハマスのイスラエル攻撃を非難してきた。 しかし、政府はこの期間中にガザへの人道援助も提供した。 インドは12月初め、国連でイスラエルに反対票を投じ、停戦には賛成票を投じていた。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here