Home 健康ニュース インドはコロナの新たな発生で2位、JN.1亜種で緊張高まる – マラーティー語ニュース | コロナの新型亜種JN.1でインドが2位に浮上、緊張高まる

インドはコロナの新たな発生で2位、JN.1亜種で緊張高まる – マラーティー語ニュース | コロナの新型亜種JN.1でインドが2位に浮上、緊張高まる

0
インドはコロナの新たな発生で2位、JN.1亜種で緊張高まる – マラーティー語ニュース | コロナの新型亜種JN.1でインドが2位に浮上、緊張高まる

ムンバイ 2024 年 1 月 12 日: 2019年12月スタート コロナウイルス パンデミックは再び世界レベルに影響を及ぼしています。 JN.1 の新しい亜種がこの新たな流行の原因であると考えられています。 この新たな亜種はこれまでに中国、シンガポール、アメリカ、インドなど41カ国に広がっている。 このコロナの新しい亜種は、Omicron BA.2.86 亜種の突然変異によって形成され、最も急速に拡散するものです。 この変異種は多くの人に共通の症状を示しますが、その蔓延率の高さが懸念を引き起こしています。

専門家らは新型ウイルスの影響でシンガポールやアメリカでもコロナ第2波が拡大する危険性を表明している。 コロナ禍から4年が経ちました。 しかし、この流行はまだ終わっていません。 2023 年にはコロナ感染のリスクが減少したため、世界保健機関はこの流行を世界的な健康上の脅威のリストから削除しました。 しかし、この新たな亜種について、世界の専門家が改めて注意を呼び掛けている。

インドは感染者数と死者数で2位

インドはコロナの新型変異種による世界の感染者数と死者数で第2位となっている。 コロナの新型変異種による感染者数と死者数はアメリカが最も多い。 現在(2024年1月12日)までに、アメリカでは11,04,62,560人の国民がコロナウイルスの影響を受けています。 つまり、11,91,815人が亡くなったということになります。 インドは2位で、我が国では合計450,20333人のコロナ感染者が登録され、533,409人が死亡した。 インドに次いで、フランス、ドイツ、ブラジル、韓国、日本、イタリアの感染者数が多い。

新しい亜種 JN.1 が懸念を引き起こしている

2023年、インドでのコロナの蔓延は非常にゆっくりと起こりました。 しかし、年末の11月から12月にかけて、突然、新しい亜種JN.1が頭をもたげました。 1月11日の時点で、インドの12州で新たな変異種の感染者が827人見つかっている。 JN.1 は非常に急速に広がり、体の免疫システムを簡単に圧倒して病気を引き起こします。 これらの特徴により、世界保健機関により Variant of Interest (VOI) と名付けられています。

インドのコロナ第2波は最も致死率が高かった。 コロナのデルタ変種によって広まりました。 アルファベータ変異体の第一波の後、2020年11月から2021年2月にかけてコロナ感染者数はわずかに減少しました。 その後、2021年に発生したデルタウイルスは医療システムに大きな圧力をかけました。 デルタの亜種は呼吸器系の問題を引き起こし、そのほとんどが ICU の人工呼吸器を必要とした。 4月から7月までの4か月間で多くの人が亡くなった。 デルタの亜種は世界中で危険を増大させています。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here