Home 世界のニュース ウクライナで戦闘を強いられたロシア在住のインド人7人が中央政府に安全を訴えた。 ロシアで戦闘を強いられたインド人7人が政府の援助を求めた

ウクライナで戦闘を強いられたロシア在住のインド人7人が中央政府に安全を訴えた。 ロシアで戦闘を強いられたインド人7人が政府の援助を求めた

0
ウクライナで戦闘を強いられたロシア在住のインド人7人が中央政府に安全を訴えた。 ロシアで戦闘を強いられたインド人7人が政府の援助を求めた

ニューデリー: パンジャブ州とハリヤナ州の若者7人は、ロシア訪問中に騙されてロシア軍に入隊させられ、ウクライナとの戦いを強いられたとして当局に支援を訴えた。

犠牲者はガガンディープ・シン(24)、ラブプリート・シン(24)、ナレン・シン(22)、ガープリート・シン(21)、ガープリート・シン(23)、ハーシュ・クマール(20)、アビシェク・クマール(21)と特定されている。 このうち5人はパンジャブ州出身、2人はハリヤナ州出身と言われている。 被害者らは今週、インド政府に支援を求める2本の動画を公開した。

ソーシャルネットワーキングサイトXで拡散された2番目の105秒ビデオには、ロシアの冬季軍服を着た若者のグループが映っている。 まるで薄暗い密室の片隅にいるようだ。 ハリヤナ州カルナル在住のハリス・クマールという男性は、6人が団結して窮状を訴えて政府に助けを求めている。

これらの若者たちは、昨年12月27日に新年を祝うためにロシアへ行っていた。 彼はロシアを訪問するための90日間の観光ビザを持っていた。 この後、彼は近くのベラルーシに行きました。 若者らは、だまされてロシア軍に助手として強制的に参加させられ、警察は強制的にロシア軍に参加させ、さもなければ懲役10年を要求されたと主張した。

同氏は3月3日に投稿されたビデオで、「私たちは陸軍の補助者として働くだけで十分だと言われた」と述べ、「しかし彼らは武器と弾薬の訓練を行うことで私たちをウクライナ戦争に送ると脅した」と述べた。彼らは私たちを空腹にさせ、携帯電話を取り上げました。

ロシア兵は私たちに、ここから出られるのは1年後だと言った。 彼は彼らに、ウクライナでの戦争に勝つために協力してくれるよう頼んだ。 私たちにはどうやって彼らを助けることができるのかわかりません。 「そうしなければ、私たちは生き残れません。」

3月4日に投稿された別のビデオで、若者は「私たちの窮状については以前にもお伝えした。多くのインド人がウクライナとロシアで足止めされている。私たちはインド大使館とインド政府に助けを求める。これが私たちの」と述べた。最後のビデオになるかも知れません。」 .彼らは私たちをウクライナの交戦地帯に送り込んでいる」と語った。

これに先立つ2月20日、英字新聞ヒンドゥー紙は、ロシア軍に「陸軍補佐官」として徴兵されたインド人3人がウクライナ国境で銃を使った戦闘を強いられたと報じた。 また、過去1年間で約100人のインド人がロシア軍に雇用されたとも述べている。

ロシアとウクライナの間の戦争は2022年2月に始まりました。 この中で、一部のインド人は、ロシアに代わって結成された国際軍で自発的に戦いたいという願望を表明している。 ロシア軍にもインド人がいると言われている。 2月。 中央政府は29日、在ロシアインド大使館に対し、インド人20人をロシアに帰国させるよう要請したと初めて発表した。 インド外務省のランティル・ジャイシュワル報道官は、インド人をインドに帰国させることに関してロシア当局と常に連絡を取り合っていると述べた。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here