Home 健康ニュース オフィス夫妻コンセプトの説明; 職場の配偶者手当夫と妻はオフィスで働きながら愛し合います。ロマンチックでも性的でもなく、キャリアと健康の両方に有益です。

オフィス夫妻コンセプトの説明; 職場の配偶者手当夫と妻はオフィスで働きながら愛し合います。ロマンチックでも性的でもなく、キャリアと健康の両方に有益です。

0
オフィス夫妻コンセプトの説明; 職場の配偶者手当夫と妻はオフィスで働きながら愛し合います。ロマンチックでも性的でもなく、キャリアと健康の両方に有益です。

12日前

  • リンクをコピーする

オフィスワイフ、オフィスハズバンドという名前を聞いたことはありますか? 誰かの夫が帰宅して、オフィスで「妻」を見つけたと言ったらどうなるでしょうか? あるいは、あなたの妻が「会社員」になったという知らせをあなたに告げます。

二人の間で喧嘩が多くなり、関係に亀裂が生じるのではないかと思うかもしれません。 しかし、そんなことは起こらないでしょう。 しかし、妻はオフィスワイフやオフィス夫の概念をよく理解しています。

今日 関係 このコラムでは、アメリカの職場文化から生まれ、世界中に広がりつつあるこの職場パートナーについてお話します。 この関係が仕事や生活にどのような影響を与えるかも明らかになるでしょう。

オフィス妻と本物の妻は違うという概念を理解する

オフィスワイフまたはオフィス夫という用語は、非常に仲の良い同僚に対して使用されます。 仕事やプライベートに関する情報を共有します。 この関係はロマンチックではありません。 この場合、二人のパートナーの間に性的関係はありません。 彼らは象徴的な夫または妻のようなものです。

この関係は、実際の妻や夫の浮気に相当するものではありません。 アメリカでは、職場での親密な関係を表すために「オフィスワイフ」や「オフィスハズバンド」などの言葉が使われ始めました。 それは今世界中で人気になりつつあります。

職場での友情が原因で夫婦が職場で別れる

その関係が恋愛関係でも性的関係でもないのなら、それは単なる友情の問題だと思うかもしれませんが、そうではありません。 社内の友人関係と社内の配偶者はまったく異なる概念です。 オフィスにはたくさんの友達がいるでしょう。 しかし、オフィス配偶者が唯一の選択肢です。 オフィス内で形成される友人関係のほとんどは、仕事上の問題に限定されています。 しかし、私生活や喜びや悲しみを会社の配偶者と共有することはできます。 この関係は友情よりも親密で親密で相互的なものです。 第三者が入る余地はほとんどありません。

現在では、ほとんどの人が何らかの形でオフィスとつながっています。 オフィスバックグラウンドで働くことも不可能です。 このような状況では、オフィス内での人間関係の構築は避けられません。 その関係が友情になるか、象徴的な夫婦になるか、あるいはロマンスの世界に移行するかは、両方のパートナー次第です。

しかし、世界中の多くの研究では、オフィスで友人を作ることがキャリアやスキルに有益であることが示されています。 しかし、職場での恋愛関係は仕事やキャリアに悪影響を与える可能性があります。

とにかく、会社員の夫と妻の関係はロマンチックではないことがわかりました。 これは友情の一形態です。 この場合、絆はより感情的で親密になります。

オフィスライフのパートナー関係はこうやって仕事や生活に役立つ――

職場が有意義に感じられます – 多くの場合、しばらくすると、従業員はなぜオフィスに行くのか疑問に思うようになります。 その目的は何ですか? あなたの気持ちを聞いて理解してくれる人がオフィスにいたら、職場はやりがいのあるものになります。 生計以外にも、そこに行く積極的な理由がもう一つあるだろう。

職場を理解することが役立ちます – このような関係は、オフィスの労働文化を理解し、それに応じて自分自身を調整するのに役立ちます。

生産性の向上、キャリア上の利点 – オフィスでの感情的な絆が緊密であることも、生産性の向上に役立ちます。 WFHSの調査では、オフィス内で親密な人間関係を築いている人は仕事のプレッシャーによる悪影響が少ないことも判明した。 これは、職場での気分や健康に直接影響を与える可能性があります。 その結果、他の従業員よりも優れたパフォーマンスを発揮できる可能性があります。

言い換えれば、オフィスに友達が多い人は、毎日仕事に行くのがより楽しみになるということです。 一人暮らしで孤立している人よりも病気にかかりにくいのです。

ワークライフバランスの向上~ 「Wildgoose による職場の友情と幸福度に関する調査」レポートは、オフィス内で個人的または友好的な関係を築くことは、仕事と生活の質にプラスの変化をもたらす可能性があることを示しています。 これは、ワークライフバランスがより良くなる可能性があることを意味します。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here