Home 健康ニュース オーラルセックスは実際には咽頭がんの主要な危険因子です

オーラルセックスは実際には咽頭がんの主要な危険因子です

0
オーラルセックスは実際には咽頭がんの主要な危険因子です

オーラルセックス: オーラルセックスは喉の奥にがんを引き起こす可能性があります。 この種類のがんは中咽頭がんと呼ばれます。 無防備なオーラルセックスはこの問題を引き起こす可能性があります。 喉頭がんとしても知られる咽頭がんは、喉の組織で発生する悪性疾患の一種です。 喫煙と大量飲酒はこの病気の危険因子です。

ナビ・ムンバイの頭頸部外科医上級コンサルタントであるディーパック・カンナ博士によると、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染は咽頭がんの原因となるという。 咽頭がんの症例が大幅に増加しています。 この増加は主に、扁桃腺や喉の奥に影響を及ぼす中咽頭がんの急速な増殖の原因となっています。 この種類のがんは、子宮頸がんの原因ともなるヒトパピローマウイルス(HPV)によって引き起こされます。

HPVは無防備なセックスによって感染し、オーラルセックスのパートナーが複数いる人では中咽頭がんのリスクが高くなります。 このことは、子宮頸がんだけでなく、一部の種類の咽頭がんの予防策としてHPVワクチン接種が重要であることを強調しているとカンナ博士は述べた。

ほとんどの人は HPV を子宮頸がんと関連付けますが、HPV 感染は口腔がんも引き起こすことが多いことを理解することが重要です。 口腔がんは、特に若年成人において高リスクの HPV 感染と関連しています。 子宮頸がんだけでなく、口腔がんや咽頭がんの予防にもHPVワクチン接種は不可欠です。

博士。 カンナ氏は、他のがん予防と同様に、HPVワクチンには個人の保護を超えた効果があることを認識することが重要だと言う。 ワクチン接種によってHPV感染の広がりを減らすことによって女性の免疫を構築することができ、これは間違いなく女性に利益をもたらします。 これにより口腔がんの発生率が減り、医療制度への負担が軽減されるはずです。 さらに、より多くの人にワクチン接種を奨励するために、HPV と口腔がんについての意識を高める必要があります。

オーラルセックスパートナーが複数いる女性は、HPV感染により口腔がんを発症するリスクが高くなります。 これはセーフセックスの重要性を強調しています。 意識と読み書き能力を高めることで、この病気の蔓延を減らし、全体的な発展を促進することが不可欠です。 オーラルセックスと口腔がんの関連性を残念に思う人もいるかもしれませんが、この問題についてオープンに話し合うことが重要です。 タイムリーな診断のためには、定期的な検査、安全な性行為の推進と普及が必要です。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here