Home 日本のニュース タンタンパンダは天国へ行く

タンタンパンダは天国へ行く

0
タンタンパンダは天国へ行く

神戸4月02日 (日本のニュース) – 神戸市のOG動物園は、20年以上来園者の人気者だった雌のジャイアントパンダ「タンタン」が死んだことを発表した。

同動物園によると、日本最高齢のジャイアントパンダ、タンタン(人間の約100歳に相当する28歳)が日曜日の夜に死んだ。

タンタンは1995年に中国四川省のパンダ繁殖センターで生まれ、2000年に4歳で神戸市立王子動物園(灘区)に貸与された。 彼の到着は阪神・淡路大震災後の希望と復興の象徴だった。 地震たんたんは、竹を食べたり元気に動き回るなど、そのかわいい行動でたちまち人気者になりました。

期限付き移籍は2度延長され、2020年7月に中国に帰国する予定だった。 しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で帰国先への直行便が欠航となり、動物園に残った。 2021年に心臓病と診断され、治療を受け公にはしていなかったものの、昨年10月から食欲や活動量が低下し、身体機能の低下がみられた。 タンタンは先月13日以降、ほとんど眠った状態が続いており、飼育員らが24時間監視していたにもかかわらず、31日夜、うつぶせの状態で呼吸も弱っている状態で発見された。 蘇生努力は失敗し、約2時間後に死亡した。

王子動物園の加古裕次郎園長は「震災直後に駆けつけ、街の復興を見て市民に勇気を与えてくれた。いつも笑顔を与えてくれる太陽のような存在だった」と感謝した。見ていた人たちの。」 あるいは彼に会った。 「ありがとうとしか言えません。」

同動物園は2日から献花台を設置する予定で、タンタンをしのぶお別れイベントの開催も検討している。

ソース: 日本放送協会

https://www.youtube.com/watch?v=aM5c_Ork3cg

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here