Home 日本のニュース ダイハツ、軽自動車販売トップの座を陥落

ダイハツ、軽自動車販売トップの座を陥落

0
ダイハツ、軽自動車販売トップの座を陥落

東京4 月 2 日 (日本のニュース) – 自動車メーカーのダイハツ工業は、日本の軽自動車市場で 18 年間トップの座にあったが、第 2 位に転落した。

軽自動車メーカーや販売業界を代表する「全国軽自動車協会連合会」によると、2023年度の軽自動車新車販売台数は前年比4%減の162万5481台となった。

メーカー別販売台数では、スズキが55万2,251台でトップとなり、2006年以来初めてダイハツ工業の44万3,694台を抜き、18年ぶりに首位となった。

スズキの成功の要因は、昨年11月に発売した全面改良新型車「スペシア」の販売好調だ。 一方、ダイハツは認証不正問題を受けて2023年12月以降の出荷を停止するなど苦境に陥った。

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here