Home 日本のニュース ダウンタウン、松本名誉毀損事件の真相を追及

ダウンタウン、松本名誉毀損事件の真相を追及

0
ダウンタウン、松本名誉毀損事件の真相を追及

東京3月26日(日本のニュース) – 「週刊文春」の発行元である株式会社文治春秋に対する名誉毀損の損害賠償を求める訴訟の第1回口頭弁論を木曜に控え、天才・松本人志氏が声明を発表、人々の願いを叶える手助けをしたいと述べた笑いに戻るために。

松本氏は、女性との交際をほのめかす記事で名誉を毀損されたとして、文治春秋に5億5千万円の損害賠償と名誉回復のための訂正記事の掲載を求めて訴訟を起こしている。

同氏側は、この記事が彼の芸能人生に致命的な打撃を与え、社会的地位を低下させたと主張している。

松本氏は法定代理人を通じて次のように表明した。

「私はいつも人々を笑わせたいという願望を持っていました。私のせいで多くの人がユーモアを見つけることができず、罪のない後輩たちがこの状況に陥っており、私の主張が不公平な世界によって拒否されているのは残念で悲しいです。真実はすぐに人々に届き、私は人々を笑わせる仕事に戻ることができます。」

昨年12月、『週刊文春』は2015年に複数の女性が松本氏から性的行為を強要されたと報じた。

これらの報道について、『週刊文春』編集部は「一連の記事には自信を持っております」としている。

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here