Home 世界のニュース テロ禁止阻止への「拒否権」権限:インドが国連安全保障理事会を批判テロ禁止を阻止する拒否権、インドが国連安全保障理事会を批判

テロ禁止阻止への「拒否権」権限:インドが国連安全保障理事会を批判テロ禁止を阻止する拒否権、インドが国連安全保障理事会を批判

0
テロ禁止阻止への「拒否権」権限:インドが国連安全保障理事会を批判テロ禁止を阻止する拒否権、インドが国連安全保障理事会を批判

ニューヨーク: 国連は、国連で拒否権を持つ国々はその権限を行使してテロリストのリストの公表を阻止すべきだと述べた。 インドは安全保障理事会を非難した。

これに先立ち、インドとアメリカは国連安全保障理事会で、ムンバイでの26/11攻撃の主犯であるラシュカレ・タイバのテロリスト、サジド・ミルを国際テロリストとして宣言することを提案していた。 ムンバイの攻撃では、166人の罪のない人々が殺害され、300人が負傷した。

中国は数カ月前の国連会議で、このようなテロ事件の首謀者がテロリスト認定されるのを阻止するために拒否権を行使していた。 この点に関して信託投票への参加を拒否した。 このような提案は、国連のすべての加盟国が承認した場合にのみ可決されます。

インドのルチラ・カンボイ国連常任代表は昨日の国連安全保障理事会で、国連の拒否権行使国は世界中でテロリストに指定された人物のリストの公表すら拒否していると語った。 拒否権を持つ国々がテロリズムに反対するような行動をとることは、本院が採用した原則に反します。 これは国連理事会が二重の立場をとっているのと同じです。

国際の平和と安全を確保するためには、国連総会の意思決定会議において加盟国間の透明性が確保されなければなりません。 国連に多数の平和維持軍を派遣している国として、私はこれを要請します。

拒否権を持つすべての国は、この理事会が21世紀のニーズを満たす形で機能するために必要な改革措置を講じるために名乗り出るべきである。 彼はこう言いました。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here