Home 日本のニュース デジタル庁、低所得世帯向けの新たな補助金制度を開始

デジタル庁、低所得世帯向けの新たな補助金制度を開始

0
デジタル庁、低所得世帯向けの新たな補助金制度を開始

東京2月13日(日本のニュース) – デジタル庁は、低所得世帯への補助金配布を効率化するため、住民と地方自治体の双方が完全にオンラインで手続きを完了できる新システムの提供を開始した。する。

河野デジタル大臣は「今回の補助金支援サービスにより、現行の補助金制度の申請から補助金申請までをデジタルで完結できるようになる」とコメントした。

昨年、政府は特定の税控除を受ける資格のない低所得世帯に補助金を支給することを決定した。 ただし、システムが複雑なため、プロセスの高速化が大きな課題となります。

新システムでは、自治体から補助金の通知が届いた住民がマイナンバーカードを使ってオンライン申請できる。 この手続きにより、個人情報や口座情報が自動的に入力されるため、通帳のコピーの提出が不要になります。

また、地方自治体は申請のデジタル処理が可能となり、審査などの事務作業が大幅に効率化されます。 この効率化により、申請から最短3日で補助金を配布できる可能性があるという。

2023年度には全国17自治体で導入される予定で、将来的には他の補助制度にも活用を拡大する予定だ。

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here