Home 日本のニュース ハブヘビに噛まれる事件が22件発生したことを受け、警察はハブを捕まえるための訓練を受けた。

ハブヘビに噛まれる事件が22件発生したことを受け、警察はハブを捕まえるための訓練を受けた。

0
ハブヘビに噛まれる事件が22件発生したことを受け、警察はハブを捕まえるための訓練を受けた。

ナハア4 月 3 日 (日本のニュース) – 春の暑さが増す中、日本の南の島々で蔓延している毒ハブに対する警報が発令されています。

研修で訪れた奄美観光ハブセンターの富山栄拓さんは「噛まれて5~10分後に患部が黒ずみ、腫れ上がり、激しい痛みが出る」と語った。

このトレーニングセッションは、参加者にハブの捕まえ方を教えることを目的としていました。 出席者の中には今春、奄美大島に新任された警察官もいた。

奄美大島では昨年22人がハブに噛まれており、今後もハブの活動は活発になることが予想される。 専門家は「ハブは視覚ではなく、人間の体温を感知して咬むことで反応する。体温を感知した瞬間に本能的に咬みつく。少なくとも『1.5メートル離れていなければ、咬まれる可能性がある』とアドバイスしている」としている。噛まれるかもしれない。最も重要なことは近づかないことだ」

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here